Menu Close

旅行ガイド記事の掲載開始!

たびねす」で旅行ナビゲーター「Ms.つっちー」として記事を書かせて頂くことになりました きっかけは、旅のプロとしてずっと働いている昔からの友人ゆきんこの紹介。 彼女は数十カ国を旅していて、公私ともに旅のツワモノ。わたしはほんと全然足下にも及ばない。 背中を追いかけて行きます〜〜! 更新頻度はそんなに高くないかもしれませんが、マイペースでやって行きます☆ こちらにも更新状況を載せるので、たまに旅ブログにも遊びに来てください!]]>

SOLZICK秋田ライブ

ビートアカペラユニットSOLZICKの秋田二本立てライブが開催されました! 昨日アップしようと思っていたのだけど、写真整理などなど色々していて出来なかった。 何から書いていいのかという感じでほんと長くなりそうなのだけど、今回関わらせてもらったきっかけは、東京でかれこれ10年前までアカペラの活動を一緒にしていたMARONY。 彼と今年になって久しぶりにFacebookで再会してやり取りをし、彼が現在所属するSOLZICKのライブを4月に東京で初めて観た。 その時に全国ツアー秋田ライブの話が出て、本当にこの日を待っていたという感じ! イオンモールでHMV主催のインストアライブ、そして夜は生徒さんが働く大町銀河館でのライブブッキング。 彼らのニューアルバムのメドレー! SOLZICKは4年前にも秋田に来ていたらしいんだけど、ちょうどその頃私はまだカナダにいた。 なのでMARONYがこんな活動をしているなんて全然知らなかった!(そもそもMARONYという芸名も初耳で、最初誰だかわからなかった…) そして彼のお母様が秋田出身で、親戚がたくさんこっちに住んでいるとの事。そう言えば昔そんなこと言ってたっけ。。 なのである意味帰郷ライブとも言えるのかも。 イオンでのインストアライブは、正直平日の昼間なのでどれだけ観客が入るのが心配してた。 それが、始まってみるとたくさんの方々が! 歌声を聴いて集まって来た方もたくさんいらっしゃり、インパクトの強さを実感。 私も実際彼らのオリジナル曲をライブで聴くのは初めてだったので、そのすごさに見入ってしまいました。 前回東京で観たライブは場所柄もあり、スタンダード中心だったので。 6人それぞれが持ち味を出して、数人はパートが移り変わり、ほんと超絶! ボイパやDJの音にはやられたなあ。。。 私の勤務先の楽器店にサイン入りポスターとCDをご提供くださり! 現物をご覧になりたい方は店舗までどうぞ! 😀 そして夜には大町の銀河館でライブイベント! インストアライブを観て来てくださった方々もいらっしゃいました。 関西から「ダイナマイトしゃかりきサ〜カス」というアカペラグループが共にメインアクトで参加。 今回彼らとお会いするのは私は初めてだったんだけど、なんとここでもお互い共通の友人がいて…! 2000年代初期にアカペラをやっていた方々とは、どこかで繋がっているものだと実感。 他にも秋田大学のアカペラサークルから2組が参加。私もオープニングアクトとして2曲歌わせてもらった。 秋大の方々のアカペラもフレッシュで素敵で、ダイナマイトしゃかりきサ〜カスはさすが関西、話も面白く歌もパワフルでまさにおもちゃ箱をひっくり返したような楽しいライブ! そしてSOLZICKの迫力にも会場が沸きました。ほんと、ライブに強くてパフォーマンスが非常に生えるグループだなとつくづく思います。これは絶対人気出るわ! 自分のオープニングアクト、最初はいつもやっているキーボード弾き語り形式でやろうと思っていたのだけど、この日はまさにアカペラグループが集結した声のイベント。 自分も昔アカペラに熱を入れてやっていたし、やっぱり楽器を使わず声だけにした方がいいと思い、昨年の大晦日に買ったVoiceLive Touch 2を使って一人アカペラをやりました。 エフェクター機能はともかく、まだまだ慣れなくて使いこなせていないループ機能。ライブでも1回か2回しかループを使った事がなく。 今回以前ライブで練習したカバー曲「Don’t Worry, Be Happy」の他に、即席のオリジナル曲「You Don’t Want Me」を1曲やりました(完成がギリギリ前日夜)。 機材のメーカーのリファレンスビデオを参考に、かなりマネしたアレンジでなんとか披露。ループ機能に慣れるための練習曲とも言える。 むっちゃくちゃ緊張して自分でもびっくりするほど声は震えるわピッチは甘いわ、正直どうなるかと思いましたが、とりあえず大きなヘマをしなかっただけ良かった!という事で記念にビデオにしました。 もし良ければ観てみてください(そのうち非公開にするかも)。 今回リハーサルから打ち上げまでメンバーの方々とも色々お話しし、しばらく離れていたアカペラの事をじっくり思い出しました。 元メンバーのMARONYを始めSOLZICKの方々、そしてダイナマイトしゃかりきサ〜カスの方々、お話しできて本当に光栄でした。皆さんとても気さくで優しい、楽しい方々ばかり。 共通の友人や当時聴いていたグループ、そして元メンバーとの昔話。 東京でやって来た活動を秋田でこうして語って体感して思い出せる事は不思議でもあり、とても貴重でした。 やっぱり自分の思いや始まりは声にあるんだなあと再確認。 アカペラってやり始めるとその魅力に取りつかれる傾向にある。人の声ってほんとに特殊。 一番心が通い合う手段でもあると思います。 今後もこれから出来るだけ声を中心に、ボーカルエフェクターとシンセの組み合わせでライブして行く事を目標にしたい! 何だかほんと長くなってしまったけど、ほんとはもっと書き残したい思いがたくさん。 個人の日記に書いとこ! 今回お世話になったSOLZICK、ダイナマイトしゃかりきサ〜カス、秋田大学アカペラサークルの皆さん、一緒にブッキング等担当してくれた佐藤さん、イオンモール、HMVの方々、銀河館の方々、そして何と言っても観に来てくれたたくさんのお客様、本当にありがとうございました!!]]>

ツアーレポート 帰国ライブ編

機内食。ベジタリアン向け。 30日日本着。 次の日12月1日は、三鷹のカフェ、Cafe + ikkenyaでのX’mas Special Live。 東京時代、同じ勤務先にいた子がなんとこのカフェを開きまして。 ものすごく久しぶりの再会を喜ぶと共に、いろいろ準備してくれた彼女の愛をひしひしと感じました。 しかも、カナダに行ったばかりの時にホワイトホースの宿で一緒だった子が観に来てくれ!こちらも久しぶりの再会。 クリスマスのシュトーレンも頂き、なんとも暖かい暖かい時間を過ごしました。 2日は横浜のJ☆Bacchusでのアコースティックライブ。 ライブ前、こんなのちょうどやってたので見に行きました。 秋田、鳥取合同のハタハタフェスティバル!ものすごくたくさん人がいた。 ライブでは、以前もご一緒させて頂いた秋田八峰町出身のYU-KOさん、カナダの大学で一緒だったtomokoと共演。ギターはヘルプのkumaちゃん。 なんと誕生日まで祝ってもらった〜!過ぎた私のと、次の週に控えたtomokoのと合同で。 嬉しくて泣けてくる! そして締めとして8日、秋田に帰ってきてJ’s Cafeでのライブ。前日に地震があったり吹雪だったり、客足は寂しかったけれど、ここでも横浜で共演したtomokoと一緒に! そしてこの日は彼女の誕生日。オーナーのJunpeiさんがtomokoのために。。。 「ハッピーバースデー」のオルゴールを奏でてくれました!!! これにはかなりやられました。粋な計らいにイチコロです。 帰ってきてからの後半はマッハで書ききってしまいましたが、これで全ての行程終了です。 「ツアー」と名付けたところで実際の行程は本当に手探りで、公演数もまだまだでした。 どちらかと言うと、もともとカナダに行く用事があったため、行った地でライブを決行したい!という後付け的なプランでした。 行くその土地それぞれで濃いドラマがあり。昔のクラスメートやハウスメートに再会し、自分のカナダ生活がぐわっとよみがえって来たり。 久しぶりに会った友人達の現在の活動に刺激を受けたり。 深かったな。 ブログには書ききれない一人旅にはつきもののハプニングもたくさんあったり。 ハラハラしたり、振り回されたり振り回したり、感動したり。 人の暮らし方にいたく感銘を受けたり。 今回カナダにランディングしたことで自分は移民になったわけですが、感覚が変わっていないようで変わったような。 いずれにしてもまた住むかどうかも未定なので、微妙な感じです。 なんかもっともっと書きたいことがあるのだけれど、もう3ヶ月も経っちゃってるし臨場感があまりないのでこのくらいにしておきます。 とりあえず飛行機がちゃんと飛んでよかった。迷子にならなくてよかった。 そして。一番大事なこと。 何も知らず一人で行った場所でも、暖かく受け入れてくれる人がいる幸せ。 初めて会う見ず知らずの自分に協力してくれる人達。 本当に出会いって不思議で、その時その時一瞬の出来事が思い出になる。 あっという間に知り合って、あっという間に別れが来る旅先の人達。 数日関わった人、数時間関わった人、そして数分もしくは数秒の人。 この旅で一体何人の人達と話して関わっただろう。 今回iPad miniを持ってたらほんとにランダムにいろんな所でいろんな人に話しかけられ、そのまま話しこんだりすることもあった。 留学時代からの友人。ライブでお世話になった人。空港で隣の席に座った人。ホステルで会った人。道で会った人。 どんな短く小さな会話の中でも、はっとするような事がちりばめられている時もあり。 知らない土地がゆえに神経が研ぎすまされて、いろんな感情が揺さぶられ、そしていろんな偶然や必然を感じた気がします。 長くなって来たけど、今回こんな自分を暖かく迎え入れ、協力してくれ、助けてくれ、わがままをも聞いてくれたたくさんの友人、知人、初めて出会った人、皆さん本当にありがとう。 いろんな場所に行けば行く程、どんなに自分が狭い世界にいるかを思い出させてくれます。 目を広い世界に向け、支えてくれる人達を常に胸において自分自身のやるべき事に専念したいと思います。 長いレポート、読んでくれてありがとうございました!!]]>

ツアーレポート マカルティオライブ編

第一部は働いている方には若干早い時間帯だったためカウンター席が空いてしまっていたけれど、それでも初めての場所でライブするにしては十分な客の入り。途中から来たお客さんも何人か。 第二部は予約の段階でありがたいことに満員!テーブル席もカウンター席もぎっしりでした。 終わってからもしばらく皆さんとお話が出来て、とても素敵な時間を過ごすことができました。 お客さまには日系人の方もいらっしゃれば、ボーイング勤務など現地のアメリカ人のお客さまも。 なので誰もが知っている英語の曲からスタートし、日本の有名な曲、オリジナル、秋田の民謡などと段階を踏んで演奏しました。 オーナーさんの計らいで、ディナーの後デザートが出てからの演奏となったため、皆さんにじっくり聴いて頂くことができました。 懐かしそうに日本の古い歌をにこやかに聴いてくださった年配の日系人ご夫婦(材木の輸出業をしていらっしゃり、なんと秋田とも取引があるとか!!)、私のつたない英語にも終始相づちをうちながら耳を傾けてくれた温かいアメリカ人カップル、お一人でいらして噛み締めるように聴いてくださった転勤して来て間もない日本人男性、ライブがあることを知らずにいらしてそのまま最後までいてくれた方々。 それぞれの人達と終わった後お話できましたが、お店の方々をはじめ皆さん一人一人その地でいろんなドラマを持って生活されていて。 そういう方々と実際お会いできて話をして人生の一部を垣間見れることも、こういう超小規模なライブツアーでの醍醐味でした。ほんとに貴重な経験です。 その地域特有の感覚とそこに住む人達の暮らしぶり。 必死の思いで移住して、そこで自分たちの新しい生活を一から切り開く日本人達。 いろんな地からやってきてそれぞれの思いを抱えて違う生き方をする方々の中で、なんとも言えず感銘深い気持ちにさせられました。 そしてそういった方々の記憶の片隅に自分の歌を少しでも残してもらえたら、ほんとに嬉しいなーと思います。 ライブが終わってからの食事。エビが乗ったカレー、地ビール、そしてパンナコッタ。 写真を見るだけの方には大変申し訳ないのですが、言っていいですか。 もんのすごくおいしかったです。 一口食べた時のカレーの味、サラダの特製ドレッシング、ほんのり甘くて柔らかいパンナコッタ、そして普段ビールをあまり飲まない自分にもはっきり分かる美味しさの地ビール。。。 「味には絶対の自信があるから、もっとたくさんの人に来て欲しい」 と言っていたオーナーさんの言葉に非常に納得です。 ああ、幸せ 😆 本当に何から何までお世話になりました! 観に来てくださったお客さま、カフェ・ソレイユの中川さんご一家、紹介してくださったMiyukiさん、本当に感謝です。 またお会いできることを願って!! 次の日は朝早くシャトルバスでシアトル国際空港へ。 ついに帰国、横浜&東京でのライブ準備です。 続く☆☆]]>

ツアーレポート シアトル街歩き編

パイクプレイスマーケット。シアトルで最も活気のある場所の一つ。新鮮な魚介類や地元の食べ物などがたくさん。 マーケットの一角にはスタバ1号店が!レトロな外観と内装。マグがかわいい。スペシャルブレンドのコーヒー豆をお土産にゲット。 そして楽しみにしていたExperience Music Project、略してEMPミュージアムへ! 北米のポップミュージックや音楽史を学べるユニークな形の博物館。だいぶ前に一度来た事があって、その時はボブ・ディランとジミヘンの特集をしてた記憶が。 驚く事にこの日は偶然にもジミヘンの70歳の誕生日で、メッセージの寄せ書きコーナーが。私も興奮しつつ感謝と尊敬の念を込めてメッセージ。 誕生日として特別にジミヘンのフィルム上映。大きな映像の前には白のストラトキャスターが。 他にもジミヘンロンドンツアーの展示。日本語のレコードジャケットも見つけた! 他にもニルヴァーナ、ローリングストーンズなどの展示も。 何本のギターが犠牲になったんだというようなオブジェがホールの中央にどーーーんと飾ってる。 2階には体験して遊べるサウンドラボが。各楽器のレッスンやペダルの使い方説明なんかも。 こういう音楽博物館、ほんと楽しい。入館料は$20と安くないけど、一日中いてゆっくり音楽史の勉強なんかも出来る。 これでもかって程いろんな情報満載で、この辺の人達はなんて音楽を学ぶのに恵まれた環境にいるんだろうってつくづく思いました。 さんざん観たいものを観た後、次の日のライブとなる港町マカルティオへ! カフェのオーナーの方がシアトルの隣町、ベルビューまで迎えに来てくれた。そこから北へ車を走らせる事約30分。 カフェ・ソレイユに到着! カナダ時代お世話になった方のご紹介で繋がることができたカフェ。出発前から日本とアメリカで何度もメールで打ち合わせさせて頂き、さらに宿まで提供してくれたオーナー夫妻。 もともとお店でライブをやってみたいと思っていたと言う彼ら。私もウェブサイトでお店の写真を見た瞬間から「ここでやらせてもらいたい!」と思い、本当にタイミングよくスムーズに話がまとまりました。 オーナーさんから見せてもらった地元の日系新聞SOYソース。これも知り合いが頼んでくれたようで、私のライブ告知が掲載されていました! しかもシアトル出身で日本でも活躍する素敵なシンガー、エミ・マイヤーさんのシアトル公演の記事と同じ面! 恐れ多いです(汗) カフェで夕ご飯をごちそうになり、夜はオーナー夫妻と語らいつつ次の日のライブへ控えました。 続く☆]]>

ツアーレポート シアトルナイトライフ編

BoltBusというアメリカのバス会社がカナダへ進出したらしく。しかもバスの中はWi-Fiが通ってる!! バンクーバーの友人達から初めて聞いて、早速これに乗ってみました。 安くなるのは買う時期にもよるらしく、かつネットから買わないといけないみたい。 結局当日バスの運転手から直接チケットを買った自分は、そこまで安くなりませんでした。22ドルだったかな。 快適なバス移動で国境を越え、夕方シアトル到着! 右の写真2枚は泊まったホステル。 平日だったんで4人部屋に一人の個室状態。しかも部屋にバスルーム付き。ラッキー♪ シアトルに来るのは今回で2回目。以前は2005年の夏、カナダ領事館へビザの手続きに来ました。 今回はシアトル郊外でライブをさせてもらうことになったので、観光も兼ねて。 何しろ音楽カルチャーが気になる! ということで早速夜の街に行きました。

ツアーレポート バンクーバーレッスン編

この日の目的は、ボイストレーニング。普段秋田で自分は歌を指導しているけれど、自分自身は学校を卒業して以来トレーニングを受けていない。 最近日本でも指導者が徐々に増えて来ているアメリカのメソッド、Speech Level Singing、略してSLS。それを教えているスペンサーウェルチ・ボーカルスタジオがバンクーバーにあるので、知り合いからの紹介でそこに行くことにしました。

ツアーレポート ビクトリア滞在編

ラッキーな事にこの日も飛行機はキャンセルせず、無事バンクーバー着。 そのまま夕方バンクーバーからフェリーに乗り換えてビクトリアへ。 フェリー乗り場に迎えに来てくれるはずだった友人と行き違いで連絡が取れず、急遽他の友人に助けを求めそこに滞在。 迎えに来てくれた友達が真剣に神に見えました。 翌日はバスでダウンタウンへ。留学時代の友人とまさに6年半ぶりに会い、街歩き。 誕生日プレゼントに手作りのチャームもらった? そしてまずビクトリアといったらこれでしょ。フェアモント・エンプレス・ホテル(左)と州議事堂(右)。 皇室・王室・政治家・有名人などVIPの方々も宿泊されるという超有名高級ホテルと、州都ならではの議事堂。 あとは可愛いカフェを見たり、クリスマスのデコレーションでいっぱいのショッピングモール行ったり、チャイナタウン行ったり。 今回何も買わなかったけど、カナダのヨガブランドLululemon〜☆ なんか地元では超有名らしい、ダースベーダーの格好をしてバイオリンを弾くストリートミュージシャン。 このままのポーズでしばし動きませんでした 🙄 街を歩いていて、今回ライブの問い合わせをしたけど良い返事が来なかったカフェも発見。 んが〜〜〜 その後学生時代の他の友達も加わり、プチ同窓会的な楽しい一日を過ごしました。 カレッジで一番最初に友達になった彼女。卒業後バンクーバーに住んでたけど、今はビクトリア。相変わらず精力的にがんばってる。 Watch this video on YouTube ギター弾いてる子も同じクラスだった。 ビクトリアはイギリス文化が色濃い街で、建物もきれい。 人も優しく、秋田と近いような大きさで何となく似ていて、ものすごーーーく住みやすい印象を受けました。 今回のビクトリアでのお気に入りの一枚。 悪っそーなサンタ。 次の朝は再びフェリーでバンクーバーへ!着いてからすぐにライブの準備! 続く♪]]>