メニュー 閉じる

Original Lyrics She is on a sofa in a fancy smoky bar Fakes a smile to the rich old men next to her Tries to keep them, attract them, fascinate them To get the money to live on each day She wears a bright red dress and takes a drink Bourbon, whisky, beer and wine whatever they give Even if she throws up on a midnight train Yes Mama, she brings in the cash Her boyfriend waits all day in her room He dreams of being a rock star, but doesn’t know when She doubts her ways, but is happy to be with him She hands him money and walks into the night She learned, she can only count on herself She learned, how to get by in the big city She learned, the means to live among the men She learned She hears sometimes the customers ask Mama To switch to the pretty girl instead of her She keeps a smile and leaves her seat Yes Mama, she knows that’s the way it is Her boyfriend asks her to understand He says, “I’ll be rich someday.” and sings her love “I love you, need you, can’t live without you” She says, “Of course you can’t.” and walks into the night She learned, she can only count on herself She learned, how to get by in the big city She learned, the means to live among the men She learned Mama said, “Look at you in the mirror, Can you see the prettiest girl in the world? If not, think how to sell yourself.” She learned, she can only count on herself She learned, how to get by in the big city She learned, the means to live among the men She learned Tonight she walks into the night alone again 日本語訳 彼女は派手な煙たいバーのソファーに座って 周りの金持ちなおじさん達に笑顔を作ってる 帰さないように魅力を振りまいて落とそうと その日のためのお金を手に入れるために 彼女は赤いドレスで酒を飲む バーボン、ウィスキー、ビール、ワイン、勧められるまま 例え最終電車で吐いたりしても そうママ、お金は稼いでる 彼氏は一日中彼女の部屋で待ってる ロックスターを夢見てるけどいつなれるのかは知らない 彼女は迷いながらも彼といると楽しくて 稼いだお金を渡し夜の街に出る 彼女は学んだ 自分自身だけが頼りだと 彼女は学んだ 大都会で生きて行く術を 彼女は学んだ 男の中でやっていく意味を 彼女は学んだ 彼女は時々お客がママに頼んでいるのを耳にする 自分の代わりにもっときれいな女の子を呼んでと 彼女は微笑んだまま席を立つ そうママ、そういうものだってことを知ってるから 彼氏はわかってくれと彼女に頼む 「いつか金持ちになるから」と そして「好きだ、必要だ、君なしじゃ無理だ」と愛を歌う 「もちろん無理でしょうよ」彼女はそう言い夜の街に出る 彼女は学んだ 自分自身だけが頼りだと 彼女は学んだ 大都会で生きて行く術を 彼女は学んだ 男の中でやっていく意味を 彼女は学んだ ママは言った 「鏡を見てごらん 世界一の美人が見えるかい? そうじゃないなら、どうやって自分を売るか考えな」 彼女は学んだ 自分自身だけが頼りだと 彼女は学んだ 大都会で生きて行く術を 彼女は学んだ 男の中でやっていく意味を 彼女は学んだ 今夜もまた一人彼女は夜の街に出る (2006)

  • 曲解説
結構辛辣な現実をコミカルで軽快なメロディーに合わせた明るいメジャーブルース調の歌。 東京でOLをしていた時、夜には銀座のクラブなどで歌っていたことがありました。 ちょっと歌えるだけで、他にこれと言った売りもない自分は詞の後半のママの台詞、「鏡を見てごらん・・・」の言葉がかなり強烈に胸に残りました。 これは実際は自分が直接言われた言葉ではなく、ママ本人が若い頃言われた言葉だったそう。 ヒモの彼の話は完全にフィクションですが、そんな感じの彼を持つ友人が何人かいたので加えました。]]>