朝から降りしきる雨
乾いたこの胸にしみる
あれからずいぶん時がたって
いろんなことが変わったね

窓の外 傘をさす人
あれがあなたなら あなただったなら

鳴ることのない電話
繋ぐあてもなくただ雨音数える
静かな優しい音
悲しくなんかない

夕方降り続く雨
乾いたこの肌を濡らす
あのとき急に旅立った
あなたが呼んでいるようで

遠くに 聴こえる足音
あれがあなたなら あなただったなら

行くあてのない言葉
繰り返してただ雨音数える
ずっと鳴り止まぬ音
悲しくなんかない

(2012.7)

  • 曲解説
  • 2001年に書いていた詞を掘り起こして書き直し、11年越しに歌にした曲。
    短くシンプルな曲なのですが、コードでいろいろ遊んで明るくも暗くも聴こえるような歌にしました。


    コメント

    雨音 — コメントはまだありません

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です