Menu Close

七夕インタビューと新しいシンセサイザー到着

先日は七夕でしたね🎋✨ この日トロントのFabCollabという企画のインスタライブに、インタビューで出させていただきました。 クリックで再生します⏬ View this post on Instagram A post shared by FabCollab (@fabcollablive) FabCollabは、BIPOCと女性アーティストに焦点を当てた音楽企画で、パンデミック中に発起されました。 BIPOCとは、「Black, Indigenous and People Of Colour」の頭文字で、黒人・先住民・有色人種を指します。 このFabCollabのInstagramで毎週水曜正午(トロント時間)に「Curtain Call」というインタビュー特集をしていて、それに出演させていただいたのでした! 七夕ということで、張り切ってバックグラウンドをデコって浴衣着用。 浴衣は日本のAmazonから、この日を狙って用意。👘🇯🇵🌟 個人的にテンションが上がる⤴️ 開始1時間前からスタンバってたんだけど、実はインタビューが始まって最初の5分、私の方のインスタ画面がなぜかライブ状態と表示されてなくて、しばらく待たせてしまいました💦申し訳ない😓 しかもその間、観覧していたデュオ相手のドネがトイレから誤ってライブに乱入してしまい、およびでない始末😵 ギャグか・・・💦 インタビューでは七夕の紹介や、トロントに来るまでの経緯やこれまでの音楽活動、ラジオ活動、そして今取り掛かっているアルバムのことなどを話しました。 あと、この日は個人的にも大切な日。うちの祖母の命日でした。 そんなわけで、それにまつわるオリジナル曲を歌いました。 Yukiko Tsutsui · 7th Of July インタビューしてくれたTamar、同じくホストのLia、そしてFabCollab、ありがとうございました!🙏🏼✨ そしてそれが終わった後、日本にオーダーしていたシンセ、KORG KROSS2の白バージョンが届きました!🤩💖 View this post on Instagram A post shared by Yukiko Tsutsui (@yuki_tucciey) 島村楽器限定モデルで、ケースとTRITON音色SDカードが付いて来るというもの。 ほんとはトラッキングで見る限り5日あたりに届くと予想してたんだけど、7日到着。 7年ぶりに買ったシンセが7月7日の七夕に届くなんて、なかなかラッキー7な子! これ、今回初めてBuyeeという代理購入サイトを利用して取り寄せました。転送コムが運営しているみたい。 楽天やメルカリ、ヤフオクなどのサイトで買い物をすると、一旦Buyeeの倉庫に送られて、そこから送ってくれるとのことで。 ちなみに運送会社はDHLで、送料は約100ドルでした。一番不安だった関税は110ドルくらいかかってしまいましたが、自分で予想してたより少なくてホッ。 ほぼ新品に近い状態というものを発注したんだけど、やっぱりさすがに届くまでが非常に不安でした。 実際受け取ってみると、ほぼ擦り傷もなく非常にキレイで、正常に動作しました。良かった〜! 白いシンセ、かなりテンション上がります🎹💖🎶 これからライブに練習に、使いまくりたいと思います! トロントに来てから初めて浴衣を着たということもあって、せっかくなんで外に出かけました。 Latitude44 Galleryというアートギャラリーの前に、なんとプチ七夕が! View this post on Instagram A post shared by…

6月末のライブと昨日のレコーディングプロジェクト

もうすっかり7月に入ってしまいました! 今年も下半期。はやっ! 先日はカナダの建国記念日カナダデーでしたが、今年はあまりお祝いムードではありませんでした。 コロナだけのためではなく、他の重大な出来事のため。 カナダ生活のブログに書きました。 https://canada.tucciey.com/canadaday2021/ BCでは熱波で異常なほど気温が上がって山火事も起きているし、胸が痛いニュースが多いです。 わたしは以前BCやアルバータに住んでいたけど、その地域の家庭のほとんどはエアコンを持っていません。湿度もないし、そこまで暑くなることもないから。 それがあり得ないことに50度近くまで気温が上がるなんて、その過酷さは想像できません。 気がかりなニュースが多いここ最近ですが、本題の音楽活動について。 6月24日の木曜、4月から12週間ぶりに公の場でライブでした! 場所はDrom Taberna。トロントのバーの中でもかなり盛り上がっているところ。 https://www.instagram.com/p/CQjhvRzNXEv/?utm_source=ig_web_copy_link 密に注意しつつ、久しぶりに外で演奏できてほんと楽しかった! ギターのドネ、ブルースハーモニカのケンさん、そしてドラムにティム。 私は自分のシンセMX49が壊れてしまっているので、先日借りたキーボード、GO:PIANOで挑みました🎹 https://tucciey.com/blog/gopiano-61/ ライブの現場ではどうだろうなあと思ってたけど、これがなかなかいい音で鳴ってくれてた! 音数は少ないけれど、あくまでキーボードはサポートのバンドなので😅、ほんと十分です。 しかも自分が使っていたシンセは49鍵盤なので、61鍵盤の弾きやすさと言ったら!😆 MX49はすっごい好きなのだけど、たまにオクターブシフト駆使しながら使ってたし、当然ながら鍵盤は多い方がいいですね。。。 実はこれに感動して7年ぶりに新しいキーボードを買ってしまったので、後から記事にします🎹✨ それにしても相変わらず人気のDrom、かなり賑わってました。 スタッフもほんとユニークでパワフルで楽しいし、このバーのエネルギーがなんとも好き! そして6月26日は、マダガスカル独立記念日のイベントに出演させてもらっていました。🇲🇬✨ カナダのマダガスカル・コミュニティーによるバーチャルイベント。 いつも一緒にライブ活動を行っているドネ・ロバーツのゲストアーティストとして参加! 進行のほとんどがマダガスカル語とフランス語(マダガスカル公用語)で行われたので、私は終始ちんぷんかんぷん。 ひたすらドネに、何が起こっているか聞きつつ参加してました(ちなみにドネはロシアで育ったので、ロシア語含め4ヶ国語が話せます😳)。 イベントではマダガスカルの歌を中心に、計9曲を演奏。 そして他1曲は、故郷の国を思うテーマに沿い、私のオリジナル曲「INORI」のビデオを紹介してくれました。 https://youtu.be/rG2j1s7U-Rc Zoomでの開催となった、今回のマダガスカル独立記念日のイベント。 カナダ在住のマダガスカル系カナダ人の人達が多く参加し、マダガスカルの文化にも触れ、貴重な体験でした! この機会に感謝です🎶 昨日は、とあるプロジェクトのレコーディングでブランプトンへ。 差し入れで頂いたご飯が、もんのすごくおいしかったです😍🍽💕 このレコーディングは11月にリリースされるとのことなので、詳細が分かり次第またアップします!⤴️🌟 ワクチン接種が進み、どんどん街に人が出て来ているここ最近。 外に出る時は気をつけなくちゃです。。 音楽活動以外のカナダ生活に関する記事は、こちらのブログで更新しています!是非チェックしてね🇨🇦 つっちー in カナダ ]]>

黒人歴史月間のバーチャルライブ! – Black History Month virtual concert!

This event was held in Fort McMurray in Alberta. We performed for the opening and the closing. いろんな方達のスピーチや受賞式などが行われ、私たちはオープニングとクロージングに演奏。 画面の向こうの関係者の方が撮ってくれた写真! ドネのギター、リズムトラック、そして以前トロントでワーホリをしていたKくんが残していってくれたピアノで歌いましたっ。 ドネは去年からループマシンでリズムトラックを使ってるんだけど、こうしたバーチャルや少人数での演奏にいい感じです。 We performed with Donné’s guitar and the piano which a Japanese friend of mine left in Toronto when he went back to Japan! Donné is using his loop pedal for the rhythm track since last year, it works very well for virtual events or with a small group of performers like a duo. この機会にドネと一緒に出演させていただくことができて光栄です✨…

2月のライブレポート

早すぎる〜!😩 更新が全然できていませんでしたが、その間にライブがいくつかありました。 Songwriters Association Canadaが主催したワークショップ、SongBird North。デュオの相方ドネが参加し、ピアノとバックアップボーカルのサポートに行って来ました。 この投稿をInstagramで見る That was a fun night! We shared the stage with Gordon Deppe from Canadian band Spoons, @baileyjordanneil and @blairomatic for SongBird North workshop by @songwriterscanada last night🤩 Thank you for this opportunity, Blair!🙏🏼🎶 More pics are coming soon! . . #songwriters #workshop #singersongwriters #songwritersassociationofcanada #gordondeppe #baileyjordanneilmusic #royalconservatory #temertytheatre #torontomusicscene #torontomusicians #canadianmusicians #canadianband #spoons #80s #80smusic #donneroberts #yukikotsutsui The80Bus(@the80bus)がシェアした投稿 – 2020年 2月月9日午前7時10分PST 80年代に活躍したカナダのバンドSpoonsのボーカル/ギターのGordon Deppeさん、そして若いソングライターのBailey Jordan-Neilさんと共演。 彼らの曲に合わせて即興で伴奏するなど、普段自分があまり得意じゃないこともリクエストされたんだけど、なんとか切り抜けました。 ドネのバンドで月一演奏してるDrom Tabernaでのライブは、毎回ものすごく盛り上がって楽しいです。 この投稿をInstagramで見る…

ブランプトンでのライブレビューと最近の恐怖

トロントで新型コロナウィルス確認 何かと心配ですが、とにかくできるだけ人混みは避けることと、うがい手洗いを心がけたいと思います!🙌 今年に入ってから、あまり地下鉄でのバスキングをしてません。🎹 というのも、まず構内と言えど寒いのが一つ! そして、クリスマス後の年末年始から1月はあまりチップが見込めないのがまた一つ。 さらに最近になってコロナウィルスが出たので、ますます人通りの多い地下鉄構内に長いこといるのはリスキーになって来た。 様子を見てまた復活したいけど・・・まずは健康第一。 週一回のカフェ、月一回のバー、その他イベントでのライブなど地道にやっています。 先週24日金曜日は、トロントからちょっと離れたブランプトンという街へ行ってライブして来ました。GOトランジットという列車でトロント市内から約30分で着いたので、そんなには遠くない。 教会の中で行われた、ブランプトン・フォーククラブという団体が開催している月一回のコンサート!   この投稿をInstagramで見る   We performed for Brampton Folk Club at Sanderson Hall, St. Paul’s United Church in Brampton last Friday! Thank you so much for inviting us, it was a great night!✨🎶 Thank you @63kei1988 for helping us for photos and bringing equipments! . . #lastfriday #churchconcert #brampton #torontomusicians #folkmusic #bluesmusic #bluesharp #guitar #synthesizer #vocals #bramptonfolkclub #shorttrip #gotransit #trio #bluesmusician #japanesemusician #malagasymusician #japan #madagascar #globalmusic…

プレゼン&ライブ&レコーディング

「How to Find Your Healthy, Powerful, Attractive Voice!」🎤 というテーマで、Preziのテンプレートでスライドを作って臨みました。 一部スクリーンショットを抜粋! Preziって授業で初めて知ったんだけど、ズームアップされたり動的なスライドがなかなかよい!🌟 そんなんで準備にギリギリ間に合い、必死で行ったプレゼン。 時間配分や説明不足などの反省点はかなりあったものの、みんなからは比較的好評でなんとか無事終了。ほっ… 韓国料理についてプレゼンした女子や、コスメ会社に勤める男性がコスメのマーケティングについて話したり、バラエティー豊かでした。 みんな結構堂々と喋ってて感心。何はともあれ、準備だなあ。 肝心の音楽活動ですが、最近、バンドリーダーのアルバム制作で何度かレコーディングに参加させてもらっています。 バックアップボーカルで、ちょっとアフリカンワイルドな感じの歌い回し。 マダガスカル語で、正直何言ってるかよく分かりませんが。😅 意味を聞いても「世界平和✌🏼」とか「夜が終わって朝が来た🌞」とか非常にざっくりな感じで。😆 日本語の歌詞を一部頼まれましたが、比較的そのまんま訳して歌いました。 仕上がりがどうなるか楽しみです!🎶 先週20日の水曜日は、イーストヨークと呼ばれるトロント北東の地域でDonné Roberts Bandのライブでした。いつもお世話になっているケン吉岡さんもブルースハープで参加!✨ East End Arts主催のコンサートシリーズで、市民会館前でのフリーライブ。 市からの依頼ということで、休憩中にたくさんの食べ物を振舞っていただいて非常に嬉しい待遇❗️🍽😍✨ 家族連れが多く、アウトドアで気持ちの良いライブになりました。🌿☀️ ありがとうございました❣️✨]]>

ありがとうGate 403

Gate 403が4月15日に閉店となってしまいました。😭 偶然にも、私がカナダに来た日と同じ日付でした。 知らせを聞いたのはFacebook上。3月の半ばに突然閉店のお知らせが。 トロントに来て初めて借りた部屋の、すぐ2つ隣の建物にあるバーでした。 当時、トロントに来てから初投稿したブログにそのバーの写真を載せてました。 →トロント街歩き 古くからの友人であるブルースハープのケンさんがそこで演奏していたこともあり、彼のライブへ。 そこでケンさんと一緒に演奏していたギタリストのドネのバンドに誘われ、彼と月一でライブをしたのもここ。 近所だったこともあり、自分が演奏させて頂いていたこともあり、トロントで一番通っていたバーでした。 閉店の週末、土曜日曜とライブに出させて頂きました❗️ 土曜はDonné Roberts Bandのギグ。 日曜はGoodbye Partyで、同じくDonné Roberts Bandとして。 この写真に写ってる、ピアノの上の鏡。これでピアニストの指を見てるのが好きでした。🎹 19年に渡りRoncesvallesのコミュニティーでミュージシャン達を支えて来たお店。 Goodbye Partyには、これまでここで演奏して来た様々なミュージシャンが出演してました。スケジュールの都合で出られなかった人達もたくさんいると思うけど。 私がお世話になったのは2年だけだったけど、開店当初からずうっとここでパフォーマンスをして来た友人のミュージシャン達。 どんな想いでこの閉店を見届けたんだろう。 たくさんの人達と出会えた場所。そしてそれがきっかけになって自分が演奏できた場所。 自分がカナダに来たのと同じ日付で閉店してしまったという偶然もあり、なんだか自分の2年間が一度清算されてしまったような気持ちです。 本当にありがとう、Gate 403💖✨ ]]>

ケンジントンライブレポ

Had a fun performance with these wonderful musicians for Kensington Market Jazz Festival! #lola #kensingtonjazz #toronto Yuki Tさん(@tucciey)がシェアした投稿 – 2017 9月 18 5:34午前 PDT 写真左からドラマーKofi、そしてリーダーのDonnéは、以前ブログにも書いたけど、Okavango African Orchestraで今年JUNO賞を受賞した2人。 そしてファンキーなベースのChris、あとなんとジャマイカに移住したというサックスのIsaxが参加。 ライブ前。窓からパティオと通りが見える。 通りを歩く人たちが足を止めて踊ってくれたり、夕方の天気のいい中気持ちいいライブでした。 サウンドを担当してくれた人は、カナダのシンガーソングライター、ロン・セクスミスのツアーもまわった人なんだって。すごっ。 あと、今月は結婚式でのギグでトロント郊外に行く予定です。たまにどこかへ出かけたかったので、ちょうど良かったかも。 もう枯葉が舞い始めるトロント。秋だあ〜。 Yuki Tさん(@tucciey)がシェアした投稿 – 2017 9月 19 2:50午後 PDT ]]>

April 29 at Gate 403

4月末のライブ報告☆

Photo credit: Yuske Frutate[/caption] 4月29日(土)、Gate403にてDonne Roberts Bandと。 彼とドラマーのTichがジュノーアワードを受賞してから初めてのライブ。 もちろん合間合間にそのことをアナウンスしてました。 なんかいつもより、全体的に曲のテンポが速かった感じが。後ろでキーボード追いつくようについて行く。 隣で自在にアコーディオンと笛を吹いてたマイケルが、やたらといい味を出してた。 ソロうまいんだよなあ・・・ってどのメンバーもみんなすごいんだけど。 日本人の自分としては、是非マイケルに篠笛を吹いてもらいたい! 来てくれたお客様、お店のスタッフ、写真を撮ってくれたYuskeくんとルームメイトのみほちゃん、そしてバンドのメンバーありがとう! 次回は5月27日(土)です!]]>

ジュノー授賞式!!!

ジュノー賞(JUNO Awards)が発表されましたっ! 実は自分が加わっているDonné Roberts Bandの二人のメンバーが、今回この賞にノミネートされていたのですっ! ブログを書かないままに時は過ぎて行ってますが、先月末の土曜日もこのバンドのライブに参加させてもらってました。いつものGate 403にて。 で、バンドを率いるリーダーのDonnéと、パーカッションのTichが参加する別のアフリカンバンド「Okavango African Orchestra」が、ジュノー賞のワールドミュージックアルバム・オブ・ザ・イヤーにノミネートされていたのでした! そのアルバムはこれ! Okavango African Orchestra 「Okavango(オカバンゴ)」って、アフリカにある世界遺産の沼地、オカバンゴ・デルタから来てるらしい。 トロントでのインタビュー。 Interview with OKAVANGO AFRICAN ORCHESTRA at OMDC’s Juno Nomination Party ジュノーのセレモニーは4月2日の日曜にテレビで生中継されたんだけど、それは主にポップスやロックなどいわゆる有名どころのメジャーアーティストが中心。 ジャズやブルース、ワールドミュージックなどなどの部門は、前日の土曜日にネットでライブストリーミングされてた。 カナダの音楽賞は、メジャーアーティストだけじゃなくインディーにも開かれてるのがいい。 商業的成功の有無ではなく、素晴らしいミュージシャンは素晴らしいと、実力と実績で評価されるのが素敵だ! 普段一緒に演奏させてもらってるミュージシャンが二人ノミネートされている!!と言うことで、ほんとは開催地のオタワに行こうと思ってました。 でもスケジュールや諸々を計画してたらちょっと厳しそうだったので、家でゆっくりじっくり実況を観ることに! そんなんで、土曜のライブストリーミング。ナチョスを用意してパソコンの前に待機。 夜8時過ぎに発表されたワールドミュージックアルバム賞!!(再生すると、ちょうど発表の箇所から観れます!) JUNO Gala Dinner & Awards presented by SOCAN LIVESTREAM | Saturday, April 1 at 6 PM https://youtu.be/ZMu6lmmnjwk?t=2h46m09s ななななんと、見事彼らが受賞しましたっっっ!!!!!! 名前が呼ばれた瞬間、パソコンの画面の前で一人興奮しまくった自分。 いやーーーーー、めでたいーーーー!!!嬉しいーーーー!!!! 受賞のスピーチで最初に出てるのがDonné、2番目にスピーチしてるのがTich。知り合いがジュノーの受賞スピーチしてるなんて、もう感動。なんか不思議な気分。 受賞後、バックステージでのインタビュー。 彼ら、これからいろんなところで活動する機会がもっと増えるんだろうなー! 先にも書いたけど、ジュノーって有名なミュージシャンだけが受賞するわけじゃない。 Children’s Album of the Yearを受賞したDiana Pantonは、普段は学校でアートの先生をしているそう。Okavango African Orchestraのメンバーだってタクシーの運転手だったり契約社員だったり、二足のわらじを履いているインディーミュージシャン達がたくさん。 そういった人達が、テレビの取材でそのストーリーを紹介されてて。「ジュノーに5回ノミネートされた学校教師」とか。 国をあげて開催されるこのジュノー賞に選ばれても、決して一気に売れるわけじゃない。 その辺がシビアだなあと思うところでもあるけれど、でも受賞前よりも名前が売れることは確かだし、実力が認められるのも確か。 ひとつひとつ地道に活動する結果が実を結ぶんだなあってしみじみ。当たり前だけど。 長くなって来たので、日曜に行われたメインのセレモニーのことはまた別記事に書きたいと思います! はあーーー。それにしてもすさまじくおめでとう、Okavango African Orchestra!!!!! そしてノミネートされたミュージシャン、受賞したミュージシャン、みなさんほんとに尊敬です。]]>