Menu Close
いろんな種類が!

ジュノー賞トロフィーと映画祭とジャズフェスティバルとミュージカル!

6月半ば。バンドメンバーのところにジュノー賞のトロフィーが到着しました!これ、何気にお金払って受け取るんだって。 バンドは大勢だけど、一人一人に授与。実際に持たせてもらったら、かなり重かった! 努力の重みだ〜! 6月24日は、いつものGate 403でのライブ。Donné Roberts Band。 このバンドではキーボードとバックアップボーカルとして参加させてもらってて、いつも一部でソロを取らされる。 キーボードソロって、自分としてはとても苦手な部類・・・そんなんでいつもドキドキでやってます。 それでも今回は終わった後リーダーのDonnéから 「キーボードのソロ、良かったよ♪♪」 と何度も言われたので、少しは慣れて来たのかなあ・・ 6月27日。トロント日本映画祭で、「この世界の片隅に」を観て来ました。 雰囲気がとても優しくて温かくて、主人公のキャラとのんの声がほんとによく合っていて、そんな中で戦争シーンに突入。 日常の何でもない生活からの目線で描かれるストーリーは、淡々としていながら深くてジーンとしました。 かなり人が入ってたなあ。日本人はもちろん、現地の人達もたくさん。 いろんなところで笑いが起こってました。 かつて戦時中にはこの国で隔離されていた日系カナダ人たち。 カナダの人達にとって、この映画はどんな風に映ったんだろうな。 6月28日。トロントジャズフェスティバルで、上原ひろみのデュエットライブを観て来ました! コロンビアのハーピスト、Edmar Castanedaとの共演。 https://www.youtube.com/embed/Z3QT5XegWrk 開演前の様子。ピアノがよく見える! 会場はかなり人が入ってたんだけど、あたしが座ってる席の周りには誰もいなくて、なんだか特等席みたいだった。 上原ひろみの指使いはもちろん、ピアノ弾きながら唸ってる声とか息づかいまで聞こえてきて。 こんなコンテンポラリーなハープの演奏を生で見たのは初めてだったけど、あんなにも幅広い音色を奏でるんだなあと。ハープにもいろんな種類があるのかな。 深くて低いベース音から、キラキラした高音まで。 ピアノもある意味弦楽器、かつ打楽器、基本は鍵盤楽器だけど、それを全て駆使したようなすさまじい演奏でした。 最初から最後まで食い入って観てた。 上原ひろみのライブは、彼女がデビューしたての時に一度渋谷で観たことがある。 なんか激しい演奏のイメージがある彼女だけど、今回のライブでは日本らしいメロディーのしっとりした曲もシンプルに演奏してて、いい意味で意外でした。 ダイナミックな演奏とMCの乙女な感じのギャップに、笑いが起きてたなあ。 ハープのエドマーさんもすごかったし、なんだかもういろんな新しいものを見せてもらった感じでした。 6月29日。友達と一緒にトロントで6月から始まったミュージカル、キャロル・キングの「Beautiful」を観て来ました! 行く途中。トロントジャズフェスティバルの会場で、琴を弾きながら歌う地元のミュージシャンを観ました。どこで影響されたんだろ。 で、ミュージカル! 大大大好きなキャロル・キング。どれほど楽しみにしていたことか! キャロル・キングを演じた女優さんは雰囲気もすごく本人の味が出ていたし、何よりも歌声がキャロル・キングの特徴にかなり近かった! ステージの上にグランドピアノ一台、弾き語りのシーンから始まる舞台。 いかにも60年、70年代なレトロファッションが超かわいい。 そして懐かしいたくさんの曲が出て来て、舞台がコンサート会場にコロっと変わってキャストたちが歌い出す。 もうなんと言うか、たまりません!! 展開が早くてストーリーを全部把握した自信はないんだけど、キャスティングも良くてトロントバージョン、最高でした☆ 舞台の外で撮影スペースあり。キャロルの曲名の載ったカードボードが何種類も用意されてる! いや〜もう、よかったー! ちょっと息切れして来たんで、残りの報告は次の記事に書きます!]]>

オン・マイ・オウンをカバーしました

帝劇のミュージカルが公演中だし、生で観てみたいな。。。 以前、オン・マイ・オウンの事を記事に書いてました。 レミゼ「オン・マイ・オウン」考察 ライブでは日本語で歌うことになったので改めて練習し直しています。 練習がてら、日本語と英語バージョン両方をアップしました。この曲ってオーディションのためのカラオケって言うのがあって、それに合わせて歌いました。タイミングを取るのにコツがいる! いやー、ミュージカルって感情の流れが難しー!人によっていろんな表現方法があって、自分なりに歌わないと。。って考えるとほんと演技そのもの。 好きだ〜。 彼女のエポニーヌ、ちょっと違ってていい感じ。儚いというより「どうせあたしなんて」的な、ちょっとはすっぱな感じが出てていい。 ミュージカルって、どこまでも研究しがいがあります! 歌全般に対して言えるだろうけど。]]>

レミゼ「オン・マイ・オウン」考察

(オリジナル詞) On my own Pretending he’s beside me All alone I walk with him till morning Without him I feel his arms around me And when I lose my way I close my eyes And he has found me In the rain the pavement shines like silver All the lights are misty in the river In the darkness, the trees are full of starlight And all I see is him and me forever and forever…