Menu Close

今日ジュノー賞!!!

ここカナダのトロントで、ジュノー賞が開催されます!!!!!!🤩🎶🎉 ライブストリーミングはこちら!トロント時間14日土曜午後6時、日本時間15日日曜朝7時。 https://youtu.be/AHmKSkea22c ジュノー賞は、カナダ版グラミー賞と呼ばれる、国内最大の音楽賞。 パンデミック以来、3年ぶりに実際の会場で行われるそう。 ポッドキャスト「どこでもLIVE!」のエピソード61回目でお話ししたように、わたしが音楽活動を共にしているドネ・ロバーツが、Global Music Album of The Yearにノミネートされています!! ノミネートされたアルバム「OYA」では、わたしもバックアップボーカルとして6曲参加。1, 2, 4, 5, 6, 7に入っています。 受賞を願うばかり・・・・・・・・🎶✨ そんなわけで、わたしも会場入りします!!!🤩🎉 生まれて初めてこのような大きな音楽賞の会場に参加し、テーブル席に座る・・・・・・・・🤩🎶💖 ワクワクし過ぎて飛びそうなので、あまり深く考えないようにしています。 昨日はドネがJUNO賞関連の写真撮影らしきものがあると言う事で、付き添いに呼ばれて行ってきました。 「君も一緒に撮ってもらうようにするから、ドレスアップしてきて!」とのことで。 CNタワーが目の前。 それが会場についてみたら付き添いの人たちは寝巻きに毛が生えたような格好をしてくる人たちばかり。全く写真撮影ではなく、ドネ単独のインタビューをビデオ撮影すると言うことでした。 微妙に恥ずかしかった・・・ でも今日はほんとの受賞式!!レッドカーペット!!! 是非ライブストリーミングでチェックしてください! https://youtu.be/AHmKSkea22c]]>

どこでもEpisode 62 どんちゃん騒ぎのライブで感じる文化と政治

[powerpress] トロントはワクチンパスポート制度も緩まり、春が近づくとともに開放感が増して来ました。 先日ダウンタウンのバーで深夜にライブをして感じた文化と政治について、そして先月から始めた日系人シニアへのボランティア活動で感じたことをお話しします!✨ 🔗参考リンク Drom Taberna ジャパニーズ・ソーシャル・サービス   この投稿をInstagramで見る   (aka )(@yuki_tucciey)がシェアした投稿 メッセージ 番組へのご質問やご意見ご感想などなど、コメント、またはこちらからメッセージを送っていただけたらとっても嬉しいです!]]>

新ユニット「The 80 Bus」について

The 80 Bus」の活動が始まりました。 トロントの交通機関TTCが開催する地下鉄でのパフォーマンスにも、このギターボーカル&キーボードボーカルのユニットで参加しています。 ユニット名の80 Busは、トロントを走る数ある路線バスの番号の一つから取ったもの。自分たちが住むエリアの近くを走る80番バス。 バンドやユニット名って、なんてことない日常の中から生まれるものもあったりする。ってことで最初は冗談で「じゃあ近くのバスの路線名もありかな」なんて話していたのが、そのまま命名されました このバス路線、ドネも自分も、トロントに移住したばかりの時に仕事をし始めたエリア。 自分たちにとって、トロント生活の始まりを形作って次に繋げた場所でもあります。 トロントの交通機関の名前を付けたら、地下鉄で演奏することになっちゃった。 80という番号なだけに、80’s前後の音楽だったりレトロを意識しよう!と話し合いました。 服装もできるだけレトロでポップでカラフルなもの。 自分たちの写真も、カッコつけたりしないもの。クールというよりもポップでコミカルなもの。 全体的に、親しみやすく気分が上がる音楽を目指したいと トロントのバス80番のルートは、クイーンズウェイの湖沿いを走ってトロント市外へ抜ける道。 途中で見えるレイクサイドは、湖の水面がキラキラしててとてもキレイな光景です。 ま、正直ちょっと「名前ほんとにこれで良かったのか?!」と疑問に思うことも多々ありますが。 まずはちょっとずつ、自分たちの理想の形にできるように動いていこうと思います。 Instagramもあるのでよろしくです! ネームタグをスキャンすると一瞬でフォローできるよ ]]>

Underground Soundsオーディション!

TTC Subway Musicians Program 投票で上位に行くと、89組がライセンスをゲットできるとのこと。 そしてそのまた上位10組でオーディションをし、1組がユニバーサルレコードカナダでレコーディングできるのだそう🎧🌟 こっちに来てからライブで一緒に出演させてもらってるドネと「The 80 Bus」というデュオで申し込みました。🎶 日本語でも歌ってます🇯🇵 投票はこちらのページからです!1日1回、6月3日まで毎日投票可能!📥 👉🏻VOTE FOR DONNÉ ぜひご協力して頂けたら嬉しいですー!!!😍✨]]>

新しいオーディオインターフェース !!!

先日のブログ「アップデートの仕業??」で書きましたが、10年前に買ったMbox 2とProToolsが使えなくなってしまいました。 Mac OSのアップデートが原因。もう昔の機器はサポートされなくなってしまったとのことで・・・ ProTools高かったのにな。あ〜あ。😣 引き取ってもらえるか交渉したら、古すぎて無理みたい。古いパソコンを手にしたらまた復活できる日が来ることを期待。 ということでなければ困るオーディオインターフェース。 最近まで友人から借りていたScarlett 2i2が良かったので、その一つ下のモデルScarlett Solo 2nd Generationを買いました。✨ カナダ版島村楽器と自分の中で定義している、Long & McQuadeから購入。両社ともロゴの色がオレンジだし、業務内容もそっくりなんです。😀 日本では10,000円程度で売られているこの機種。カナダでは149ドルプラスタックスで、170ドルかかってしまった。約15,000円か。送料を考えると同じようなものだし、しょうがない。 ちなみにこのSoloはマイクとラインのインプットがそれぞれ1つずつしかないので、キーボードやシンセなどの音をステレオ入力することができない。🎹🎧 友人から借りてた一つ上の機種Scarlett 2i2は出来るんだけど、値段が税込だと240ドルくらい(約2万円)になる。 普段ほとんどキーボード入力はMIDIだし、モノでも一応録音することは出来るし、ステレオ入力が必要な時は借りればいいやと思い一番安価なエントリーモデルにしました。 Mbox 2と比べて見ると、大きさは半分以下とほんと小さい! この赤のUSBケーブルが何気にポイント高い〜❣️気分上がります💕 ProTools First及びその他のソフトがバンドルされてるんだけど、基本的にProTools Firstって普通に無料でダウンロードできるもの。 なんだかなーと思っていたら、これはFocusrite特別仕様で、ProToolsの有料プラグインが数種類ついてるのだそうです。よかった。 それにしてもProTools Firstって、ローカルのProToolsセッションは全く開けないんですね。😭 クラウド上に3つくらいしかプロジェクトを保存できないっぽいし、つくづく不便になりました。 Logicのオーディオ編集に全然慣れてない自分。ProTools Firstでオーディオ編集をしたら、とっととオーディオファイルをエクスポートしてLogicで作業することになりそうです。 今まで本当にありがとう、Mbox 2・・・😢 そして新しいScarlett Solo、これからよろしくです〜〜〜💖 ところで今月のTTC(トロント交通機関)メトロパス。今年のメトロパスのアートワークはトロントの各地下鉄駅がテーマになってるんだけど、今回はLong & McQuadeのお店があるOssington駅で。 まさに音楽ストアがある駅!って感じのイラストで、可愛い❣️

今日のケンジントン・マーケットライブ

2017.9.17 (日)?Kensington Market Jazz Festival with Donné Roberts Place:LOLA(40 Kensington Ave, Toronto | Tel 416-348-8645) Kensington Market Jazz Festival $12 cash at the door Donné Roberts (guitar/vocal) Yukiko Tsutsui (keyboard/vocal) Kofi S Ackah (drums/percussion) Chris Bottomley (bass) それにさきがけ先日の金曜日、コミュニティーラジオにリーダーのドネと二人で出演して歌ってきました。日本語とマダガスカル語。 1:07:00の再生時間からストリーミングで視聴可能です。聴いてね! なんとギタリストのドネがこの日ギターを持っていなくて、私が急遽キーボードを弾くことに😯 焦ったーー!! 同じくインタビューで居合わせたThe Willowsの美女3人、とっても素敵でした。 彼女たちはフェスティバルで数ステージ歌うみたい。 このケンジントン・マーケット・ジャズフェスティバルはまだまだ新しく、なんと今年が2年目だそう。 ケンジントン・マーケットはヒップなカルチャー満載の、かなりローカルな雰囲気溢れるところ。 今年は9月15日から17日までの3日間開催。 お近くの方、ぜひ遊びに来てくださいね!!]]>

日曜日のジュノー授賞式

The JUNO Awards。 あたしが大好きなサラ・マクラクランが、The Canadian Music Hall of Fameに選ばれました。 訳すと、カナダで殿堂入りしたってことかな?カナダの偉人ミュージシャン! 30年以上活躍し続けるだけでなく、音楽学校も運営している彼女。スピーチがものすごく感動的でした。 Watch this video on YouTube カナダの音楽カレッジに入学した2005年に初めて彼女を知りました。 その前にも気付いたら曲自体は聴いてたはずなんだけど、ミュージシャンとして名前を知ったのはその頃。同じヴォーカル科だったクラスメートが何人か彼女の曲を歌っていて、なんて素敵なんだろうと。 それで自分も彼女の歌を練習してカバーするようになり、トロントに来てからライブを観に行きました。 去年の6月、トロントジャズフェスティバルの時にSony Centreで。記事にしようとして書けてなかったなー。 憧れていた彼女の歌を生で聴いて、ほんと涙が出て来たと言うか。 曲の合間のトークも、飾らず率直に自分の失敗なんかを語る人間くさい彼女が素敵でした。 エレガンスって、まさに彼女を指す言葉なんだなあと。 スピーチの内容一部。 頑張って訳そうと思ったけど、時間かかりそうだから英文のまま載せます! “Music just makes our world so much better.” “I am grateful for the luck of geography, being born in the country where the rights of girls and women are respected. Where people of all ethnicities, genders and sexual identities can stand together as one. Where diversity is cherished. Where…

ジュノー授賞式!!!

ジュノー賞(JUNO Awards)が発表されましたっ! 実は自分が加わっているDonné Roberts Bandの二人のメンバーが、今回この賞にノミネートされていたのですっ! ブログを書かないままに時は過ぎて行ってますが、先月末の土曜日もこのバンドのライブに参加させてもらってました。いつものGate 403にて。 で、バンドを率いるリーダーのDonnéと、パーカッションのTichが参加する別のアフリカンバンド「Okavango African Orchestra」が、ジュノー賞のワールドミュージックアルバム・オブ・ザ・イヤーにノミネートされていたのでした! そのアルバムはこれ! Okavango African Orchestra 「Okavango(オカバンゴ)」って、アフリカにある世界遺産の沼地、オカバンゴ・デルタから来てるらしい。 トロントでのインタビュー。 Interview with OKAVANGO AFRICAN ORCHESTRA at OMDC’s Juno Nomination Party ジュノーのセレモニーは4月2日の日曜にテレビで生中継されたんだけど、それは主にポップスやロックなどいわゆる有名どころのメジャーアーティストが中心。 ジャズやブルース、ワールドミュージックなどなどの部門は、前日の土曜日にネットでライブストリーミングされてた。 カナダの音楽賞は、メジャーアーティストだけじゃなくインディーにも開かれてるのがいい。 商業的成功の有無ではなく、素晴らしいミュージシャンは素晴らしいと、実力と実績で評価されるのが素敵だ! 普段一緒に演奏させてもらってるミュージシャンが二人ノミネートされている!!と言うことで、ほんとは開催地のオタワに行こうと思ってました。 でもスケジュールや諸々を計画してたらちょっと厳しそうだったので、家でゆっくりじっくり実況を観ることに! そんなんで、土曜のライブストリーミング。ナチョスを用意してパソコンの前に待機。 夜8時過ぎに発表されたワールドミュージックアルバム賞!!(再生すると、ちょうど発表の箇所から観れます!) JUNO Gala Dinner & Awards presented by SOCAN LIVESTREAM | Saturday, April 1 at 6 PM https://youtu.be/ZMu6lmmnjwk?t=2h46m09s ななななんと、見事彼らが受賞しましたっっっ!!!!!! 名前が呼ばれた瞬間、パソコンの画面の前で一人興奮しまくった自分。 いやーーーーー、めでたいーーーー!!!嬉しいーーーー!!!! 受賞のスピーチで最初に出てるのがDonné、2番目にスピーチしてるのがTich。知り合いがジュノーの受賞スピーチしてるなんて、もう感動。なんか不思議な気分。 受賞後、バックステージでのインタビュー。 彼ら、これからいろんなところで活動する機会がもっと増えるんだろうなー! 先にも書いたけど、ジュノーって有名なミュージシャンだけが受賞するわけじゃない。 Children’s Album of the Yearを受賞したDiana Pantonは、普段は学校でアートの先生をしているそう。Okavango African Orchestraのメンバーだってタクシーの運転手だったり契約社員だったり、二足のわらじを履いているインディーミュージシャン達がたくさん。 そういった人達が、テレビの取材でそのストーリーを紹介されてて。「ジュノーに5回ノミネートされた学校教師」とか。 国をあげて開催されるこのジュノー賞に選ばれても、決して一気に売れるわけじゃない。 その辺がシビアだなあと思うところでもあるけれど、でも受賞前よりも名前が売れることは確かだし、実力が認められるのも確か。 ひとつひとつ地道に活動する結果が実を結ぶんだなあってしみじみ。当たり前だけど。 長くなって来たので、日曜に行われたメインのセレモニーのことはまた別記事に書きたいと思います! はあーーー。それにしてもすさまじくおめでとう、Okavango African Orchestra!!!!! そしてノミネートされたミュージシャン、受賞したミュージシャン、みなさんほんとに尊敬です。]]>