Menu Close

Unsigned Only Music Competition 2021 セミファイナリストに選出

Unsigned Only Music Competitionからメールが来ました。 4月にエントリーしたオリジナル曲「INORI」が、コンテストのセミファイナリストに選ばれたとのこと!🎉✨ https://www.instagram.com/p/CRPzaEGN0jF/?utm_source=ig_web_copy_link いえい🙌🏼🎶 このリンクがセミファイナリストのリスト。今年、日本人は6人選ばれているみたい。 Unsigned Only Music Competition 2021 Semi-Finalists このリンクはそのうち消えてしまうと思うので、記念にキャプチャ残しておきます📸 メールによると、応募作品は全部でおよそ10,000曲、セミファイナルに選ばれたのは1,200曲以上とのこと。 およそ10分の1くらいの確率ですな。 以前2012年度と2013年度にも同じ系列のコンテスト、International Songwriting Competitionでセミファイナルに選ばれたことがありました。 https://tucciey.com/blog/isc2012semi/ https://tucciey.com/blog/isc2013semi/ 今回のUnsigned Onlyは、ソングライティングに限らず、メジャーレーベルと契約していない作品を扱ったもの。だからカバーやパフォーマンスも対象になってる。 ファイナリストは8月選抜、9月には最終選考が決まるとのこと。 3度目の正直、今年はファイナルまで進みたいなああーーー‼️🏆✨🎶 選出された曲「INORI」はこちら。聞いてもらえたら嬉しいでっす! INORI by Yukiko Tsutsui https://open.spotify.com/track/5qGTLcfyFuuBBoX3KgW9gh?si=OCHBPMUlS_K45C1_sXMHow&dl_branch=1 リリックビデオ。チャンネル登録、高評価よろしくお願いしまっす!🙏🏼🙏🏼🙏🏼✨✨✨ https://youtu.be/rG2j1s7U-Rc オフィシャルビデオ。 https://youtu.be/QjbPxw-OxZM 音楽活動以外のカナダ生活に関する記事は、こちらのブログで更新しています!是非チェックしてね🇨🇦 つっちー in カナダ ]]>

帝国劇場での二次審査!

暴露します。 実は先日東京へ行った理由は、とあるオーディションのためでした。 それも『レ・ミゼラブル』のどじまん・思い出じまん大会! 「のどじまん」というネーミングはともかく、最終選考に選ばれると帝国劇場でレミゼスタッフ・キャストが審査する中、森公美子さんの司会で歌えるという!! 優勝者はパリ旅行。 パリも行きたいけれど、それ以前にとにかくあの帝劇のステージで、レミゼの関係者に歌を聴いてもらいたい!!森公美子さんをできれば泣かせてみたい!!スーザン・ボイルになりたい!! と、もちろん「夢やぶれて」の歌で応募しました。 今月に入ってから、一次審査通過のメールが届きました。1,823組の応募者の中、114組が第二次審査に進んだそう。自分の受付番号は「n001」になってました。多分一番最初にエントリーしたのかもっ。 そんなわけで、憧れの帝劇の中の世界へ行って来たのでした! 普段のライブではミュージカルってやっていないのだけれど、ほんとは相当好きです。 音大時代、「ブロードウェイ・アンサンブル」というクラスを取っていて、「キャバレー」や「シカゴ」などのブロードウェイミュージカルのナンバーをステージで踊って歌う!ということもしていました。 衣装を着て、役を演じながら歌うということ。ミュージカルって芸術の最高の舞台です。 二次審査は稽古場で行われました。広い会場にレミゼのスタッフの方々が審査に並び(!)、その前にスタンドマイクが3本。すごく緊張したけれど、それ以上にあの空気感にとにかくワクワクしっぱなしで、にやにやが止まりませんでした(怪しいか)。 エントリーナンバーもこの日の日付と同じ、22番でなんかラッキー! 緊張とわくわくとドキドキが全部入り交じった、最高の時間を味わわせてもらいました。 「I Dreamed a Dream」をオケのCDに合わせて英語で歌ったのだけれど、審査員の方にピアノ伴奏でもう一度歌ってみるように言われて2回歌いました。 終わった後の記念撮影。古着屋で買ったファンティーヌ風の衣装。写真では見えにくいけど髪を少しボサボサにして、顔に汚れを付けてる。 自分としてはうまくできた感触があり、一緒に審査を受けた応募者の人達からも「よかったですよ、きっと本選に行けますよ」ってありがたい言葉をかけてもらってた。東京の友人たちにも「ゆきなら絶対行けるよ!」って励まされて、自分でも絶対行けるって信じて、不安でも信じようとしてた。 でも、甘かったです。思い上がりでした。結局、本選へ行く20組の中には選ばれませんでした。 ん〜〜、悔しい〜! 歌い方、力み過ぎたかな。。伝える力が少なかったかな。。ミュージカルの本質を捉えていなかったかな。。研究不足だったのか。。アピールが足りなかったのか。。レミゼへの思い入れが足りなかったか。。など、いろいろ考えて凹みました。 ファンティーヌの「夢やぶれて」とエポニーヌの「オン・マイ・オウン」が一番競争率が高い選曲だったとのことだけれど、いずれにしても、度量が足りなくて相手のニーズには選ばれなかったわけです。 その二次審査の様子がYouTubeにアップされていました! これを見ると、すごい人達がいっぱい出てたんだなあって感じる!歌は聴こえないけど、もう姿からしてすごい!気合いが伝わってくる!! この中に、確かに本選で観てみたいって思わせる人が何組もいるなあ。誰が選ばれたんだろう?! 自分は本選には行けなかったけど、決まった20組の皆さん、3月17日帝劇のステージで最高に楽しんで欲しいです!(いいなあ〜〜!!) 帝国劇場の稽古場、独特の空気感。ここでこれまでたくさんの憧れのキャスト達が、本番に向けて必死で稽古を重ねて来たんだろうなと、重みをすごく感じてジーンとした。 あそこで歌わせてもらえた機会に、本当に感謝です。とてもいい勉強をさせてもらいました。 でも本当に、研究と熱意なんだろうな。 いつかは、スーザン・ボイルみたいになりたいっ 自分の伝え方、歌い方、音楽性を改めて深く見つめ直して精進したいと思います!]]>

今年初の東京

Blue Bottle Coffeeに友人と行ったり、そのついでに江戸資料館を見たり。 今は縁あって素敵な部屋に滞在させて頂いています。 うーん、なんかものすごくマジカルな一日でした。 ほんとにありがたいこと。 明日は偶然発見した素敵すぎるアーティストのライブに行ってきます。 いろいろまた後ほどアップしたいと思います。]]>

初酒田と噂のライブ

前回の記事で書いた友人のライブ、オープニングアクトでループマシンを使って演奏したのがきっかけ。 その時にメインアクトで出演された「ダイナマイトしゃかりきサ〜カス」のKwaniさんが、 「友達にすごい人がいるよ!ボーカルだけで普通に演奏しながらどんどんループして行って、歌も本当に上手いんだ」 と、その人の名前を教えてくれました。 噂のその方は伊藤大輔さん。 絶対聞いた事あるなあと思っていたら、やっぱり以前自分が何かのきっかけでYouTubeやウェブサイトで食い入るようにチェックしてた方でした。 秋田でライブやらないのかなあとウェブサイトを再び見ていたら、ぬわんと翌日に酒田に来るとの事ではありませんか! 酒田には東京時代に働いていた会社の同僚がいて、彼女を誘ったところもともと行く予定だったと! しかも、ライブ会場が彼女の同窓生のやっているお店だと! そしてさらに、今回伊藤さんと「いぶきさらさ」というユニットを組んでライブをするお相手のトランペット&鍵盤ハーモニカの方、インターナショナル・ソングライティング・コンペティションでセミファイナルに選ばれた方だと! 私も2012年、2013年度それに選ばれていたので、彼女から以前「知り合いのミュージシャンも選ばれたんだよ」と噂に聞いていました。 まさか彼だったとは〜。 そんなわけで、いろんな繋がりを感じながら酒田へGO! 鳥海山がきれいだな〜 酒田までの道のりは景色がほんとにきれい! 7号線をひたすら走り、海に向かっているような感覚。 特に入り江の風景なんて、一人で車の中雄叫びを上げる程に美しかった!(怪しい人ですが) 友人の家に着いてから、彼女がイベントで時おり開催しているリフレクソロジーとフットケアをやって頂きました! 運転の疲れが癒される。。。 そしてライブ! 今回ループマシンはなかったんだけど、ボーカルとトランペット/鍵盤ハーモニカの二人の音色は本当に優しく美しかった。 ジャズスタンダードのカバーもあったし、オリジナルもたくさん。日本語を大事にしていると言うか。 音が繊細に作られているんだなあと。 伊藤さんのボーカルも本当に素晴らしかったです。繊細で柔らかくて、温かみのある声。 山田さんのトランペットと鍵盤ハーモニカも、ミニマムな中で音を大事に選んで弾いているという感じで素敵でした! 何でもこのユニットは庄内で結成されたとのこと。ファンのサポートがもんのすごく、本当に愛情溢れるライブそのものっていう印象! 愛されてるなあーーー。 そして会場となった居酒屋「酒菜処 邑」! 何ですかこの素敵さは!! 友人に聞いていたけど、本当に料理がおいしい!おいし過ぎる!!! もちろん豆はだだちゃ豆。濃厚!! そしてこの日は他の方からの差し入れとの事で、A5ランクの山形牛も!! わたし普段肉は一切食べないのですが、郷土料理などそこでしか食べられない食材は別。 しっかり岩塩とわさびで頂きました! もともと肉食寄りだった自分を呼び起こす、やばい美味しさ。。。 そしてこれも!! 牡蠣!!しかもでかい! ごめんなさい、ものすごく美味しくて飛びそうでした。 「時期として今年最後だね〜」とのこと。 なんだかすっかり打ち上げで文字通り美味しいところをさんざん頂いて来ました。。。 食べ物のレポートになり過ぎる前に切り上げます。 もう酒田の第一印象、いいところしかありません。というか良すぎて。 食べてばかりでもないのだけど、自分が聞きたかった音楽の事、打ち上げでお二人と色々お話しできて嬉しかった。 まさかYouTubeで観ていたり噂で聞いていた方とこんなに早くお会いできるとは! 刺激を受けました。がんばろう! 今回素敵なライブをされた「いぶきさらさ」のお二人、友人、酒田で出会った方々、そして不思議な出会いの繋がりに感謝ですっ!!]]>

ISC 2013 セミファイナリストに選出

インターナショナル・ソングライティング・コンペティション(ISC)の2013年度ファイナリストが発表されました。 今年はカナダに住む友人とのコラボレーション曲「太陽の国」でエントリーし、昨年に引き続きセミファイナリストに選出されていました。 →昨年選出された時のブログ記事 コラボした友人のアレンジがとてもいいこともあり、昨年の曲よりもいけるかと思って期待していましたが! 今回もファイナルまでには至りませんでした!はー。 それでもメールによると、「We had almost 19,000 entries from over 100 countries, and Semi-Finalists make up the top 8% of all entries – so well done!!(100カ国以上およそ19,000曲の中、セミファイナリストは全体の8%です。おめでとう!)」とのことで。 こんな「セミファイナリスト・ボタン」まで添付してくれました。 誰でも簡単にダウンロードして貼り付けできそうだという気がしないでもないですが。 でもこれは正真正銘自分のです! 証拠。セミファイナリストページ。 共作した友人が自分の出身地のみを書いて提出したおかげで、どこにも「Akita Japan」の文字がありませんが。。。 昨年は119カ国20,000曲以上からセミファイナリストが1,881曲、ファイナリストが324曲。 今年はおよそ100カ国以上19,000曲からセミファイナリストが1,570曲、ファイナリストが322曲。 自分がエントリーしたワールド部門では、セミファイナリスト44曲のうちファイナリストは13曲。 来年はなんとかファイナルまで行きたいです! とにかく今年もセミファイナルまで行けたことに感謝です。 今回のファイナリストには、日本人の楽曲が6曲選ばれてます。 最終選考は4月。頑張って欲しいです〜! 以前も書きましたが、今年はもう少し自分の知識力アップと楽曲作りに励み、もっと勉強したいと思います。 読みたい本も山積み。。。 一日一日に集中して有意義にするよう、常に心がけたいと思いますー!]]>

ウェブ掲載とハワイアンライブのお知らせ

ハワイアンを歌います♪ 秋田でハワイアンソングのライブをするのは、今回初。 自分とハワイとの出会いは遥か昔、18の時でした。 短大の語学研修旅行で数泊。そういえばそれが私にとって初めての海外でした! ハワイだったんだ〜。今改めて気付いた。 そして初めてウクレレを手に入れたのはかれこれ9年前。ずっと練習し続けていたわけではないので、ごく基本的な感じしか弾けませんが。 今回久しぶりにウクレレ一本で歌うので、いつもの感じとはかなり違うかもしれません(曲も)。 でも7曲か8曲ほどがんばって歌わせて頂きますので、お近くの方は是非お立ち寄りください☆ その前の12時からは先日ご一緒させて頂いたユニット「真鈴 -Marin-」こと、ウクレレの鈴木さんとギターの真田さんが出演されますのでお見逃しなく! 他にもこのフェスティバルでは、明日から13日まで連日フラやライブなどが開催されます。 ハワイの風を感じに、是非遊びに行かれてはいかがでしょうか! ところで、このブログで3月にお伝えしたインターナショナル・ソングライティング・コンペティションのセミファイナリスト選出の件ですが、アメリカ時間の4月30日に最優秀曲と各部門の受賞作品が決定したとのことで! こちらのウェブサイトに受賞作品一覧が掲載されています。楽曲がそれぞれ聴けます!(セミファイナリストへのリンクは、ページの下にあります) そして、この度秋田経済新聞に取り上げて頂きました! 秋田経済新聞の記事 本当にありがたいです。記事として見ると実感が湧くので不思議です。 お祝いのお言葉もたくさん頂き、とても感謝しています。 以前ブログに書きましたが、なにしろセミファイナルに選ばれた曲だけでも全体で1,881曲あり、あくまでも予選通過で受賞というわけではなく。 それでもこうして候補に挙げて頂いたのは本当に本当に本当にありがたいこと。 ほんと、地道にコツコツやっていかなきゃなあと改めて思っています。 小さな課題を一つずつクリアにしていかなくては。 道は遠いですが、実になるようにしていかなきゃなと。 今後のライブも、よろしくお願い致します!]]>