Menu Close

ありがとうGate 403

Gate 403が4月15日に閉店となってしまいました。😭 偶然にも、私がカナダに来た日と同じ日付でした。 知らせを聞いたのはFacebook上。3月の半ばに突然閉店のお知らせが。 トロントに来て初めて借りた部屋の、すぐ2つ隣の建物にあるバーでした。 当時、トロントに来てから初投稿したブログにそのバーの写真を載せてました。 →トロント街歩き 古くからの友人であるブルースハープのケンさんがそこで演奏していたこともあり、彼のライブへ。 そこでケンさんと一緒に演奏していたギタリストのドネのバンドに誘われ、彼と月一でライブをしたのもここ。 近所だったこともあり、自分が演奏させて頂いていたこともあり、トロントで一番通っていたバーでした。 閉店の週末、土曜日曜とライブに出させて頂きました❗️ 土曜はDonné Roberts Bandのギグ。 日曜はGoodbye Partyで、同じくDonné Roberts Bandとして。 この写真に写ってる、ピアノの上の鏡。これでピアニストの指を見てるのが好きでした。🎹 19年に渡りRoncesvallesのコミュニティーでミュージシャン達を支えて来たお店。 Goodbye Partyには、これまでここで演奏して来た様々なミュージシャンが出演してました。スケジュールの都合で出られなかった人達もたくさんいると思うけど。 私がお世話になったのは2年だけだったけど、開店当初からずうっとここでパフォーマンスをして来た友人のミュージシャン達。 どんな想いでこの閉店を見届けたんだろう。 たくさんの人達と出会えた場所。そしてそれがきっかけになって自分が演奏できた場所。 自分がカナダに来たのと同じ日付で閉店してしまったという偶然もあり、なんだか自分の2年間が一度清算されてしまったような気持ちです。 本当にありがとう、Gate 403💖✨ ]]>

April 29 at Gate 403

4月末のライブ報告☆

Photo credit: Yuske Frutate[/caption] 4月29日(土)、Gate403にてDonne Roberts Bandと。 彼とドラマーのTichがジュノーアワードを受賞してから初めてのライブ。 もちろん合間合間にそのことをアナウンスしてました。 なんかいつもより、全体的に曲のテンポが速かった感じが。後ろでキーボード追いつくようについて行く。 隣で自在にアコーディオンと笛を吹いてたマイケルが、やたらといい味を出してた。 ソロうまいんだよなあ・・・ってどのメンバーもみんなすごいんだけど。 日本人の自分としては、是非マイケルに篠笛を吹いてもらいたい! 来てくれたお客様、お店のスタッフ、写真を撮ってくれたYuskeくんとルームメイトのみほちゃん、そしてバンドのメンバーありがとう! 次回は5月27日(土)です!]]>

1月末のライブ☆

Donné Roberts Bandでのライブでした。いつものGate 403。 この日は結婚したカップルがパーティーをしていて、かなりの賑わい たくさんの人達が踊りまくり、相変わらずの楽しいライブになりました。 アフリカンバンドではあるけれど、Donnéの曲ってコテコテのアフリカンってわけじゃなくて親しみやすいとこがいい。 友達の紹介でたまたまライブに来てくれた日本人写真家のYoshitaka Kinjoさんが、素敵な写真をたくさん撮ってくれました! その一部 Kinjoさん、ありがとう〜!! そして来てくれた人達、お店のスタッフ、ドネをはじめバンドのみんな、ありがとう!]]>

29日のハロウィンライブ

Gate 403でライブでした。 ハロウィンウィークということで、主役のドネーはこんなメイクを。 本人曰くKISSらしいです。 自分もミュージシャンなのに、他のバンドのメイクをしちゃっていいのか?! と個人的には思うのですが、とても気に入ってるらしく。 この隣にいる自分は全くやる気のない普通の格好だったので、写真を加工して帽子かぶって血出してみました。 私も顔を少しペインティングしようかとも思ったのですが、結局目元にビジューもどきを一個付けただけでした。 浮いたらどうしようなんて、周りの様子を伺ってる場合じゃないですね。彼のように自らドカンと行かないと。 今年は手持ちのコスチュームがゼロだったという理由もありますが。 Gate 403のライブは9時から深夜1時まで3セット。 まだまだ自分が知らない曲が多いので、詰め込みで何曲か新たに覚えて参加。 各セット後半にはノリのいい曲が続き、店の中がハッピーな南国モード。 そうなるとみんな立ち上がって踊り出し、お客もいつの間にか増えてる。 ギター、ベース、フルート/サックス、パーカッション、キーボードの編成なんだけど、とにかくグルーブ感のあるビートいいなあ。 音楽ってリズムなんだなあとつくづく感じる曲の数々です。 参加させてもらったのは4回目だけど、毎回少しずつチャレンジが。 自分はうまく入れてるかなあとか役に立ってるかなあとかちょっと心配になりますが、うーん、キーボードもっとがんばるぞ! 来てくれた方々、リーダーのドネー、バンドの皆さん、お店のスタッフの皆さん、そして写真を撮ってくれたハウスメートのShokoちゃん、本当にありがとうございます!!]]>

10月のライブのお知らせ

ドネー・ロバーツのバンドでのライブです。 以前の記事で詳しく書きましたが、ジュノー受賞歴のある素晴らしいミュージシャンです。キーボードとバックアップヴォーカルで参加させて頂きまっす☆ 2016.10.21 (Fri) Free Friday Dinner Jazz: Donné Roberts Quartet Place:Lula Lounge(1585 Dundas Street West, Toronto | Tel 416-588-0307) Doors open: 6:30 pm / Show starts: 7:30 pm Free Admission before 8:00 pm. $15 after. Admission includes salsa lesson at 9:00 pm and live salsa at 10:30 pm. ☆8pm前に入場すると無料とのこと!ダッファリンとダンダスストリートウェスト近くです。 2016.10.29 (Sat) Donné Roberts Band Place:Gate 403(403 Roncesvalles Avenue, Toronto | Tel 416-588-2930) Free Admission ☆トロントのWest end、Roncesvallesの素敵なジャズバーでのライブです! 楽しみ! どんな感じかと言うと、こんな感じです。このビデオには私いませんが。 自分にとって貴重なライブの機会! お近くの方は是非遊びに来てね!!]]>

ついにバンドに参加!

ケン吉岡さんを通して知り合った、ドネー・ロバーツさんというものすごく素敵なミュージシャン。 マダガスカルで生まれてからモスクワで育ち、その後トロントに来たとか。聞いてみたら母国のマダガスカル語、ロシア語、フランス語、そして英語の4カ国語を話せるらしい!すごいな。。 彼はカナダ在住アフリカ系ミュージシャンのバンド「African Guitar Summit」のメンバーとしてアルバムを2枚発表し、そのうちの1枚がカナダ版グラミー賞と言えるジュノー賞の2005年度最優秀ワールドミュージックアルバムを受賞したという! そんなスーバーギタリスト。 なんと彼のオリジナルアルバムの中に、日本語で歌ったのが2曲入ってます。もともとマダガスカル語の歌なんだけど、ケン吉岡さんが作詞と発音指導をしたそうで! むっちゃ聴きやすい日本語に驚いた! そしてなんて言うんだろ、ネイティブじゃない彼が歌う日本語、やたらといい味がある。 「ともだちだよ」とか歌ってるの、なんかめっちゃかわいいし! 「ともだちさ」と「サヨナラ」。ここからちょっと聴けます!ちなみにライブではここぞとばかりに私も日本語で歌わせてもらいました。 とっても日本で売れて欲しいなーー。。。 ドネーに「なんで日本語で歌おうと思ったの」と聞いたら、知り合いに「マダガスカル語と日本語の響きが似てるから、日本語で歌ってみたら」って言われたらしく。 確かに彼のマダガスカル語の歌を聴くと、日本語っぽい響きが頻繁に出て来る。 「Wengue Yongo」って歌では「ばばくえーー!」ってコーラスもあるし!食っちゃうんか! アルバムのタイトル「Internation」とあるように、いろんなワールドミュージックの要素を自分のルーツのアフリカ音楽に取り入れたそう。エジプト、ナイジェリア、北米のアボリジナル、日本、ロシア、ケルト音楽。 まさにこの人種のモザイク、トロントみたい! 彼の曲のバックアップボーカルやキーボードでの入り方とか練習しててつくづく感じるのが、とにかくリズムがすごいということ。 コードは本当にシンプルで3つしか使ってない曲も結構多いけど、ものすごくかっこいいギターソロやリズムがあるから普通のシンプルなコードがめちゃめちゃ活きてる。 長くなっちゃってるけど、あと他に気付いたこと。 過去にアカペラとかやったりしてた時は、ハーモニーではなるべく他の人に混ざるような声の出し方を要求されてた。 でも彼のバンドで歌う場合、彼が望むのはもっとエッジのあって張りのある強い声。アフリカンミュージックだから、ハモりとは言えどもっとリードボーカルと同じようにがっつり歌って欲しいと。まあ曲にもよるけど。 そんなんで、マダガスカル語で歌うという初体験をしております。 やっぱり日本語と似てるのかな、響き。一度覚えるとものすごく歌いやすい言語です。 なんというか、声の出し方もそうなんだけど、とにかくキーボード練習しなきゃ。 弾き語りする分には自己責任だけど、リズム感が半端ない彼のバンド。シンプルに弾いて欲しいと言われているけど、ただシンプルにやってりゃいいってもんでもないし。むしろシンプルが一番難しい。 土曜のライブは夕方と夜の2カ所だったんだけど、最初はフレンチ系のイベントでRadisson Hotelの前。バンド全体では一度もリハしてなかったこともあって、キーボードは弾かずにボーカルだけに専念! 曲の合間にで、パーカッション担当が椅子から転げ落ちるというハプニングも発生!びっくりしたあ。。 夜はGate 403という、何度も行ってるバー。ドネーと初めて会った場所で、一番最初に滞在してた宿のすぐ近くにあるとこ。ここではピアノも弾きました。ちょっとジャム的なノリ。 いろんな痛い失敗があったけれど、見直すいい機会になった。 なによりも、自分にとってレベルも経験もかなり上のミュージシャンのバンドに参加させてもらえるのは本当に幸運なこと。 音楽もそうだけど、人柄もすごく素晴らしい。 この縁に感謝して、たくさん勉強させてもらいたいと思います。]]>

クリスマスシーズンライブ報告など

メリー・クリスマス!! もう25日!年の瀬なんて信じられないままクリスマスが今年もやって来ましたね!はやっ。 暖冬で、秋田は雪じゃなくて雨。雨は夜更け過ぎに雪へと変わるのか?!あんまり降られるのも困るけど、変わって欲しい! サンタさんは皆さんのところに来ましたかっ? おかげさまで私は、クリスマスウィークを音楽と共に楽しく過ごしています。 このところ入っていたクリスマスライブ、23日で全て終了しました。 8日はイオンモール秋田のスターバックスコーヒーでのインストアライブ。 18日は月に一度のジェイカフェ・ライブ&ジャム。 19日はぽぽろっこさんで行われたクリスマスパーティーでのライブ。 20日はイオン秋田中央店で開催されたクリスマスコンサート。 22日は島村楽器イオンモール秋田店で行ったクリスマスデモ演奏。 そして23日は、今年で4年目となる桐生大輔クリスマスライブ。 それぞれ色々あり、そして楽しくもあり勉強にもなり。 19日のぽぽろっこクリスマスパーティーでは、秋田でタレントとして活動するバリトン伊藤さんと初めてご一緒させて頂きました!とても気さくに接してくださいました。帰りはお互いの元飼い犬の話で延々と盛り上がった〜。 会場には120名のお客様。料理も相当おいしかったらしく、全員に抽選で商品が当たるというイベントも行っていて、かなりゴージャスなパーティーでした。 お客様、会場の皆様、司会のバリトンさん、ありがとうございました! 20日と22日はショッピングモールでクリスマスソングを。立ち止まったり座って聴いてくださったお客様達、ありがとうございました! 23日は秋田市キャットウォークでの桐生大輔ライブのサポートでキーボードを。桐生さんのライブは去年のクリスマスからちょうど1年ぶり。例年のごとく、満員御礼で盛り上がりました。 今年桐生さんはメジャーデビューを果たし、そして「ジャパニーズエルヴィスを探せ!」で2回目の優勝をし、ますます大活躍。なんかもう、彼のスケジュールが凄まじい! ほとんど休む間もなく、古今東西駆け巡ってライブやキャンペーン活動のしっぱなしだそうで。今年はどかんと飛躍の年だったんだろうなあ。 本人の魅力はもちろんだけど、それに加えてどんどん上に行く行動力、活動力、勉強になります。 お客様、キャットウォークの皆様、桐生さんそしてバンドWalkersの皆さん、今年もありがとうございました! クリスマスシーズンのライブを終えて、いろんなことを考えさせられました。 自分の場合は、ピアノ弾き語りスタイルでどうアピールして行けるのか。 普通にやっていたら動きも少なく、やっぱりバンドと比べると地味。 でもそれは本人の度量次第でもっとなんとでもなるし、更なるパフォーマンスが出来るのかもしれない。 そう思うと自分は全然まだまだだなあと思う。 至らなさを痛感する毎日だけど、そんな中でも少しずつ一歩ずつ前進していると信じて行きたい。 どうしたらもっといいステージが出来るのかとか、そういうのを考えるのも必要だけれど、音楽を続けて行くにはとにかく行動あるのみなのかもしれない。動いて動いて動きまくらねば。 パフォーマンス、クリエーション。内と外の2つのバランス。 どちらかに徹することが単純に出来たらもっといいのかもしれないけれど。。 ああ、一つの事に集中したい。同時に、いろいろな事もしたい。と言うかしなければいけない。 何をするにも、もっと身を入れて真摯に取り組んで行く事が大事なんだなと。 がんばらねば。 そんな事を改めて感じさせられたクリスマスシーズンでした。 皆さま良いクリスマスの一日を!!]]>

桐生大輔クリスマスライブ2014レポート

今日はクリスマスイブですね!!朝からクリスマスクッキー食べてます。 昨夜は、毎年恒例の桐生大輔クリスマスライブ@CAT WALKでした。 キーボード&バックアップボーカルで参加させてもらうのは今年で3回目のクリスマスライブ。いつも曲数が35曲〜40曲の3ステージで、3時間以上の長丁場。 過去の記録を見てみると、 1年目:1ステージで力を出し過ぎ最後は意識もうろう 2年目:終了までかろうじて意識はあるがぐったり そして3年目の今年は自分でもびっくりなのですが、終わってからも全然体力が余っていて、あと2ステージ行けるかもしれないとすら思いました(実際は無理でしょうが)。 過去との違いは、きっとステージ上で余裕が出て来た事と、ジムに行って運動してた効果なのかもしれないと。 いずれにしても長丁場のステージのペース配分が前よりわかって、気持ち的にもバンド演奏にも曲にも慣れて来た感じがします。 前は曲の進みが早過ぎて、どこ演奏してるか見失う事が頻繁に起きてたし(汗) 今回は恒例の桂三若さんのゲスト出演3曲を含む、計36曲を演奏しました。 桐生さんは秋田では珍しくガイコツマイクとギターのパフォーマンス披露! ガイコツマイクは私も欲しいShureのもの。よく見たら青いメッシュで超指向性。 昔からある黒いメッシュの「エルビスマイクロホン」ではなく、デラックス仕様。ハウリも起こしにくいだろうし、ステージで扱いやすそうですね。いいなー! 三若さんの漫談は秋田ネタ!それにバンドメンバーもネタ合わせをしてサポート。 ステージでは笑わないように気を付けてても、意外なネタには思わず笑ってしまう。 その一曲に「島人ぬ宝」があり、今回三線の出番でした! 終わってから撮った。。。 久々に弾く三線。この機会が出来て良かったーーー。 YAMAHAの愛用シンセ、そして三線、いい音だして頑張ってくれた。ありがとう〜ん! なんだか例年と比べてもすごい盛り上がりだった感じが。 飛んで来る紙テープの量は、ステージの床が見えなくなるくらいでした。クリスマスのクラッカーもあったせいかも。 ステージで桐生さんに渡されるプレゼントや花束の数々! そして昭和スターの王道ともいえる、はだけた胸元に万札! ペンライトやお姉様方のハグと、会場を埋めつくしたファンの方々の黄色い歓声! まあ毎回のこととも言えるのですが、人気あるスターのライブってすごいですね。 ってバンドメンバーが言うのもなんですが 見習いたいです! 今回のライブは新しくやる曲が多く、キーボードが頑張らなきゃな曲もいくつかあったのでとても勉強になりました。 バンドにも気を使ってくれたファンやサポーターの方々、ありがたかったです。 桐生さんはなんと来年、有名な作曲家の方にオリジナル曲を書いてもらいCDデビューすることが決定したらしいので、ますます飛躍するスターになっていくことでしょう! 今年もありがとうございました! 秋田は雨ですが、皆様よいクリスマスイブ&クリスマスを!!]]>

10月13日AMFと16日のライブレポート

ライブがいろいろあったのですが、何一つレポートできていないまま2週間近く過ぎてしまった。 と言うことで! やっとのライブレポート。 10月13日(月)は、エリアなかいちで行われたアキタミュージックフェスティバル2014 AMFグランドフィナーレに、桐生大輔&ウォーカーズのキーボード&バックアップヴォーカルとして出演させて頂きました。 この日は雨模様で、知り合いの方や生徒さん達何人かも日中のライブに出場されていたので心配でした。 夜のグランドフィナーレは外のにぎわい広場で行われる予定だったのですが、台風が近づいていて雨が今にも降りそうな天候だったため、急遽屋内のなかいちプラザに変更。 時間がかなりおして始まったため、普段の桐生大輔ステージとは違って紙テープなし、アンコールなしで比較的控えめでした! それでもさすが人気者の彼、ファンの方々の黄色い歓声が響き渡ってました。 桐生大輔さんのサポートは、いつもと違って50’sなロックの感じで楽しいです。 写真を撮ってくださった津谷様、ありがとうございました! 高橋まことさんも出演し、BOØWYの曲をたくさん演奏されてたのがほんとすごかった!! かなり大盛り上がりで、私も一緒に大声で歌いました。 結構覚えてるもんだなと!! あれは伝説ライブだったな。 フェスティバルを準備されたスタッフの方々、出演者の方々、お客様、本当にありがとうございました! そして16日(木)は、J’s Cafeで月一で行っている仕事帰りのライブ&ジャム 〜Weekday Break #9。 今回は、私とカナダの音楽大学で一緒だったtomokoと一緒に歌わせてもらいました! 写真がない! 普段は横浜でOLとして働くtomoko。オリジナル曲がまた叙情的ないい歌なのですよ! 後半のジャムセッションは、来てくださったお客様と一緒にビートルズやジャズを歌って盛り上がりました。 終わったあとは残ったメンバーでDVDを観たり曲を聴きながら、音楽談話で盛り上がりました。嬉しくて貴重な時間。 いつもお世話になっているJ’s Cafeジュンペイさん、お客様、tomoko、ありがとうございます! 来月のライブ&ジャムは11月14日(金)開催予定で、秋田でギタリストとして大活躍の佐藤郁夫さんと一緒のバースデーライブとなります! 郁夫さんは10月31日ハロウィン生まれ。私は11月21日生まれ。蠍座生まれの二人のコラボライブです。 普段必死で弾き語りをしているけど、次回は郁夫さんの素晴らしいギターに甘えられる。ありがたい! 。。って甘えてばかりもいられないので、私もヴォーカル&ピアノで頑張ります。 郁夫さんもたくさん歌うので、いつもとはひと味違った楽しいライブになりそうです! 18日(土)のあきた国際フェスティバル、19日(日)のイオンモール秋田でのデモ演奏のレポートはまた後ほどアップします! 頑張って時の流れに追いつこう。。。]]>

桐生さんのライブ報告とアナ雪イベント参加者募集のお知らせ

バースデーのお祝いにたくさんの花束、そして桐生さんの写真で作られたバースデーケーキも!すごいな〜。 私はいつものようにキーボードで参加しましたが、機材をシンセに変えてからはいろいろな音色が出せて便利です。 鍵盤は写真の通り若干足りませんが、バンドでのサポートであれば十分対応できる感じ。 今回は日本の熱いロックバンド、キャロルのカバーもたくさん。満員の客席はすごい熱気で踊りまくり。 桐生さんは革ジャン&サングラスで登場し、もろロックなステージで楽しかった。 お客様、桐生さん、バンドの皆さん、The Catwalkの皆さん、今回もありがとうございました! 最近買ったスパンコールのチューブトップ、このステージに合うかも!とぎりぎりの勢いでミニのタイトスカートと着ましたが、つくづく痩せなければと切実に実感。 ステージのイメージにいろんな衣装を着たくなりますが、元がもう少しちゃんとしなきゃですね。。。 演奏技術ももっと改善が必要ですが、体型も夏に向けて(と言うかもう気温は完全に夏ですが)改善に挑みます!! ++++++++++++++ ところで来月は、前回大好評で開催したイオン主催「『アナと雪の女王』をセントラルコートで歌おう!」が、再びイオンモール秋田セントラルコートで行われます。 7月16日のDVD発売に向けて今回は内容をグレードアップし、午前11時と午後2時の計2回。 市内の吹奏楽部などのゲストを招き、全編に渡りアナ雪の音楽をメインで行います! 一部の歌を秋田弁で披露する!という企画も☆ 私は音楽教室の講師として、歌と進行役を務めます。 イベント最後には前回同様、会場の皆さんで「レット・イット・ゴー〜ありのままで〜」を歌って頂く流れになっています。 「みんなで歌おう」というコンセプトのもと、一緒に盛り上げてくれる参加者を募集しています! 1. ステージ上で「ありのままで」を大勢で合唱してくださる方 2. 「とびら開けて」のリップシンク(口パク)をステージでパフォーマンスしたい!というペアの方 ご興味のある方は、私宛にメッセージを送ってください♪♪ 皆様のご参加お待ちしております!☆ <『アナと雪の女王』をセントラルコートで歌おう!リターンズ> イオンモール秋田店 1F セントラルコート 7月13日(日)11:00〜12:00/14:00〜15:00(2回開催) 前回大好評だった「Let it go」をみんなで歌うイベントを再び開催! ゲストを招いての演奏や秋田弁での「生まれてはじめて(リプライズ)」、歌唱アドバイスなど、最初から最後までアナ雪の楽曲満載でお送りします。 出演:島村楽器ヴォーカル講師 筒井柚紀子/ピアノインストラクター 斉藤ゆきな ゲスト:御所野学院吹奏楽部(午前の部出演)/佐藤香蓮 観覧無料]]>