Menu Close

ツアーレポート 帰国ライブ編

しつこいけれど去年のツアーレポート!今回でラストです。

11月29日早朝、お世話になった中川さん一家に別れを告げて早朝のシャトルバスでシアトル国際空港へ。
フレンドリーなバスの運ちゃんは、着くまでの間ひっきりなしに乗客と話してる。
業務の時もユーモアたっぷりに冗談交えて説明するノリはさすがアメリカン。

シアトルからバンクーバーで一度乗り継ぎ、ついに成田へ。感銘深い。。
IMG_0820

機内食。ベジタリアン向け。
12.11.29_393 IMG_0827
30日日本着。
次の日12月1日は、三鷹のカフェ、Cafe + ikkenyaでのX’mas Special Live。
東京時代、同じ勤務先にいた子がなんとこのカフェを開きまして。
ものすごく久しぶりの再会を喜ぶと共に、いろいろ準備してくれた彼女の愛をひしひしと感じました。
しかも、カナダに行ったばかりの時にホワイトホースの宿で一緒だった子が観に来てくれ!こちらも久しぶりの再会。
クリスマスのシュトーレンも頂き、なんとも暖かい暖かい時間を過ごしました。
12.12.01_395 1201
2日は横浜のJ☆Bacchusでのアコースティックライブ。
ライブ前、こんなのちょうどやってたので見に行きました。
IMG_0938 IMG_0919
秋田、鳥取合同のハタハタフェスティバル!ものすごくたくさん人がいた。

ライブでは、以前もご一緒させて頂いた秋田八峰町出身のYU-KOさん、カナダの大学で一緒だったtomokoと共演。ギターはヘルプのkumaちゃん。
IMG_1017 IMG_1038
なんと誕生日まで祝ってもらった〜!過ぎた私のと、次の週に控えたtomokoのと合同で。
IMG_1065 IMG_1077
嬉しくて泣けてくる!

そして締めとして8日、秋田に帰ってきてJ’s Cafeでのライブ。前日に地震があったり吹雪だったり、客足は寂しかったけれど、ここでも横浜で共演したtomokoと一緒に!
そしてこの日は彼女の誕生日。オーナーのJunpeiさんがtomokoのために。。。
IMG_1126
「ハッピーバースデー」のオルゴールを奏でてくれました!!!
これにはかなりやられました。粋な計らいにイチコロです。

帰ってきてからの後半はマッハで書ききってしまいましたが、これで全ての行程終了です。

「ツアー」と名付けたところで実際の行程は本当に手探りで、公演数もまだまだでした。
どちらかと言うと、もともとカナダに行く用事があったため、行った地でライブを決行したい!という後付け的なプランでした。

行くその土地それぞれで濃いドラマがあり。昔のクラスメートやハウスメートに再会し、自分のカナダ生活がぐわっとよみがえって来たり。
久しぶりに会った友人達の現在の活動に刺激を受けたり。
深かったな。

ブログには書ききれない一人旅にはつきもののハプニングもたくさんあったり。
ハラハラしたり、振り回されたり振り回したり、感動したり。
人の暮らし方にいたく感銘を受けたり。

今回カナダにランディングしたことで自分は移民になったわけですが、感覚が変わっていないようで変わったような。
いずれにしてもまた住むかどうかも未定なので、微妙な感じです。

なんかもっともっと書きたいことがあるのだけれど、もう3ヶ月も経っちゃってるし臨場感があまりないのでこのくらいにしておきます。

とりあえず飛行機がちゃんと飛んでよかった。迷子にならなくてよかった。

そして。一番大事なこと。
何も知らず一人で行った場所でも、暖かく受け入れてくれる人がいる幸せ。
初めて会う見ず知らずの自分に協力してくれる人達。

本当に出会いって不思議で、その時その時一瞬の出来事が思い出になる。
あっという間に知り合って、あっという間に別れが来る旅先の人達。
数日関わった人、数時間関わった人、そして数分もしくは数秒の人。
この旅で一体何人の人達と話して関わっただろう。
今回iPad miniを持ってたらほんとにランダムにいろんな所でいろんな人に話しかけられ、そのまま話しこんだりすることもあった。
留学時代からの友人。ライブでお世話になった人。空港で隣の席に座った人。ホステルで会った人。道で会った人。

どんな短く小さな会話の中でも、はっとするような事がちりばめられている時もあり。
知らない土地がゆえに神経が研ぎすまされて、いろんな感情が揺さぶられ、そしていろんな偶然や必然を感じた気がします。

長くなって来たけど、今回こんな自分を暖かく迎え入れ、協力してくれ、助けてくれ、わがままをも聞いてくれたたくさんの友人、知人、初めて出会った人、皆さん本当にありがとう。

いろんな場所に行けば行く程、どんなに自分が狭い世界にいるかを思い出させてくれます。
目を広い世界に向け、支えてくれる人達を常に胸において自分自身のやるべき事に専念したいと思います。

長いレポート、読んでくれてありがとうございました!!

Posted in ライブ - Live Performances, レポート - Reports, 旅 - Travel

Related Posts

Comment