メニュー 閉じる

I Can’t Make You Love Me

ボニー・レイットの「I Can’t Make You Love Me」が美し過ぎて、ハマってます。

直訳すると「あなたに愛してもらうことは出来ない」。うわ、めっちゃ直訳。。
一つ一つの歌詞のニュアンスなどがとても素敵で、ものすごく切ない歌。

ボニー・レイットのことを知ったのは、留学中でした。彼女は日本ではあまり有名ではなく、自分もカナダで学校の先生に勧められた時に初めて聴きました。彼女は最高だから聴いときなさい、と。
Nick of Time」という大ヒットしたアルバムのソングブックを貸してもらい、その中の曲を数曲練習してた。

今はもう65歳になるらしいけど、スライドギターとナチュラルかつワイルドな声がものすごくかっこいい。ノリのいいブルースもかっこいいけど、こんなバラード歌ってもすごく素敵。

ああ、それにしても本当になんて美しい歌なんだろう。
この曲に日本語詞を(勝手に)つけたので、近々カバーをアップしたいと思います。
今週末の都内でのライブで歌う予定。

いろんな人がカバーしてるこの曲。

男性ヴォーカルのTank。ファルセットが切なくとても美しい。

男性ファルセットと言えば、Boyz II Menも。

ジョージ・マイケル懐かしい。彼もカバーしてたんだ。

アデルのバージョン。ちょっとテンポ早め。

この曲、男性バージョンがかなり素敵。
とは言えオリジナルのボニー・レイットの声は自然で憂いがあって、やっぱり最高。

Posted in お気に入り - Favourite, 日常 - Life, 音楽 - Music

関連投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。