Menu Close

マリ・マリの記事と自分の音楽

マリ・マリ」の記事「秋田で活躍するシンガーたち」で紹介して頂きました。 マリ・マリ vol.268 2014年08月15日号 2014-08-15 mari*mari ジェイ・カフェでのライブ活動が主に紹介されています(編集部に許可を取って写真を掲載しています)。 今回のマリ・マリには秋田で活躍するシンガーの方々が私を含めて4名特集されています。 同じ秋田市の渡部絢也さん、北秋田市の本城奈々さん、にかほ市のケースケ&マサさん。皆さん秋田や県外で精力的に活動されている方ばかり。 秋田には他にも素敵な歌い手の方たちがたくさんいるので、あちこちのイベントで確認して頂きたいと思います! 今回の記事、秋田市の方は紙面にて、それ以外の地域の方はウェブ版にてご覧頂けます☆ しかも「マリ・マリ ビュー」で音楽が聴けます! 対応アプリ「SkyDesk Media Switch」を起動したスマホ・タブレットでのマークがついた画像を撮影すると各シンガーの曲が視聴可能とのこと!時代ってすごいな。 取材してくださった編集部のK様、ライブにもご足労頂きありがとうございました! 取材ではかなりいろんなことを延々と数時間お話ししたため、あれだけ長い話をよくまとめてくださったなと 私の話があっちこっち飛んでいて、自分でこれだ!という要点をまとめて話せなかった気がします。 他の方から改めて自分の音楽は何かと聞かれることは、自分の立ち位置を見直す大事なきっかけにもなるなあと。 これまであまりにいろいろ手を出して来た気がします。 住む場所だって東京やらカナダやら二桁になるほど引っ越したし、職場だっていろんな職種を転々として来ました。 販売員、塾講師、派遣事務、フォトグラファー、デザイン、数々のバイトなど、生活に追われて現実的な仕事を考えいろいろやったけど、なんだか全部が中途半端。 お金になる仕事と思い様々なことを習ったり勉強したりもしたけれど、どこかで今ひとつ身が入らなかった。 その中でやっぱり音楽だけは子供の頃から常に触れていて、歌い手になりたい願望も常に持ち続けてた。 一大決心をしてカナダに渡って音楽を勉強して、今秋田に帰って来てようやく一番の希望だった音楽漬けの生活をしているけれど、回り道が多かった。 でもとにかく自分は、歌ったり物を書いたり言葉や写真や絵などで何かを表現したり伝える作業が好き。そして知らない土地へ行きあらゆる文化や人間を知ることが好き。 音楽を芸術だけではなくある意味一つのジャーナリズムとして捉え、旅先や自分の経験で感じた言葉をそのままリアルに伝えて行ければなと。 だからもっともっとあちこちへ出かけていろんな文化や人や思想に触れて学び、その要素を歌に取り入れていきたい。 異文化の中で感じる自分のアイデンティティを確立したい。 そこが自分にとって目標とする音楽かなと思います。 まだまだ色々と模索中ですが、応援して頂けたら嬉しいです!]]>

Posted in お知らせ - News, 思うこと - Thoughts

Related Posts

Leave a Reply