Menu Close

究極のキーボード

軽〜く20万は下らなくなってしまいます!(泣) 理想は赤いNordなんですが、手が届きません! それでも楽器には皆さんそれなりにお金をかけていらっしゃると思いますが。。。 自分はYAMAHAのP-95という一つ前のモデルを使っています。値段も手頃で重さも12キロと、ピアノタッチにしては軽量でとても重宝。 でもやっぱりバンドのサポートなどに入ると音色が足りないし、いろいろ持ち運ぶには88鍵ってやっぱり不便です。 で、最近触ったのがこれ! Roland RD-64! スクリーンショット 2013-05-06 20.14.01 鍵盤、めちゃめちゃピアノタッチでいいです!! 重さも手頃! 鍵盤は64鍵とちょっと珍しい数で、出来ればもう少し欲しいけど、まあ許容範囲! とーーーーーっても、欲しくなりました! でも! これ、ピアノ、Eピアノ、クラビネット、オルガンの4つの音しかなく、ストリングスが入ってないんですね。。。 音数が足りないのがもったいなさすぎます! やっぱりそれを言うならシンセになるのかな。。。 やっぱり自分にとっての究極の一台が市場に出るまでは、地道に待った方が良さそう。 そしてお金も貯めなきゃ。]]>

Posted in 日常 - Life, 音楽 - Music

Related Posts

Leave a Reply