メニュー 閉じる

人の性質や適職

算命学と呼ばれる中国から発祥した性格分析的占い。 何やら巷では適職を見るためのコーチングなどにも使われているそうなのですよ!びっくり。 ここからはちょっと個人的かつマニアックな話なので、占いに興味がある方はどうぞ! 😀 算命学を知ったのは、ずうーーーっと前に東京でアカペラシンガーをしていた頃、横浜の結婚式の仕事帰りにメンバーの子達と中華街で見てもらったのがきっかけで。 一角にあった怪しげな占いの看板にメンバー一同飛びつき、わいわい言いながら全員見てもらったのでした。 その占い師のおじちゃんがあまりに典型的な占い師の風貌で、しかも横浜なのに茨城あたりの訛り全開で、もんのすごくキャラが立ってて強烈に面白すぎて。 そしてそれぞれの占い結果があまりにもズバリと当たっていて、本当に鮮烈でした。そして後からそれが算名学だったと知りました。 カナダに留学していた時人間関係などでいろいろ行き詰まり、ネットから日本の占い師に鑑定をお願いしたことも。何から何まで見透かされたようで怖いくらいでした(汗) その人間分析によると、わたしは複雑な星の並びをしているらしく。

    感受性が強く感情の起伏があり、時として情にもろく、時として激しやすい。 人の心の中を読み取り、勘や直感がよく働く。孤独を好むが寂しがり。反発心や反抗心が強い。 楽しければいいという衣食住に困らない星を持っていて、自由で大らか。 改革や創造の星があり、未知の世界に対する探求心が大きい。体験することで学びを求める。 海外との縁があり、異国に行きたくなったり放浪したくなる。 環境が安定すると精神が不安定になり、環境が不安定になると精神が安定する。 独立心が強く、マイペースで頑固。 精神面の葛藤が大きく、通常の社会と合わせることが難しい一面を持つ。その葛藤が、表現・芸術の世界に向かわせたり、冒険の世界に行かせたりする。異郷にいる方が運が開ける。 意図したことが思い通りに伝わらない。考えていることを現実に結びつかせにくい。 集団行動は不得手となり、単独での人生を歩みがちな星を多く持つ。 自分の世界を確立させて生きていくことが大事で、普通の結婚生活が厳しい傾向がある。 創造しては自ら破壊するなど、現状に満足せず気持ちの安定が少ない。 適職は、芸術家・デザイナー等「美」に関する仕事。人や動物を育てる仕事。企画開発のような新しい考えを有形化する仕事。 飲食・サービス業・観光・マスコミ・芸能など人が楽しむ、遊ぶという華やかな世界にいること。 一つのことを深く掘り下げるスペシャリスト。
なんかもっともっと出てくるのですが、この算命学という占いの学問、奥が深すぎる! 嬉しくも悲しくも、これが結構自分で心当たりがあるのがすごいです。 適職が芸術系にあるというのは嬉しいこと! 孤独の星が多いのはいいのか悪いのか。確かにわたし、学生時代から群れるのが苦手で単独行動が多め。その割に人と一緒にいたい気持ちも強いので自分なりの葛藤があって。 知らない土地を開拓したりそこで生活するのが心地良かったりします。 六星占術ではこれまた複雑な霊合星人になってるみたいです。 なんだか独り言的でオチがあまりない記事になってしまいましたが。 ともするとある意味自分の性質を占いのせいにしてしまえるのがすごいです。 「しょうがないんです、そういう人間だと運命に出ているので」みたいな。 結局人って信じる何かが必要なんでしょうねー。 興味があれば是非♪]]>

Posted in 日常 - Life

関連投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。