Menu Close

ウクレレ

ウクレレ! カナダに放置してきてしまったがために、ちょっとライブで使いたいと思ってもいつも友人からの借り物ばかり。 出来ればアンプにつなげるピックアップ付きがいい。 ウクレレが入ると、ピアノだけのステージよりもなんか明るくなる! ということでウクレレリサーチを始めたのですが、やっぱり大金を払う能力がないため、3万前後のものを物色。 カナダに結構気に入っているPonoのテナーを持っているので、それに再会するまでのつなぎと言うかなんというか。 でもあまりにも選択肢が多い~! そして地方に住んでいると楽器選びってとても悩ましい。なかなか直接見れる種類が少ないし。 最初の候補がたまたまウェブで見つけた、台湾で作られているらしいaNueNue。評判がものすごくいい。 アンプにつなげられるLani II CEが3万弱。合板コア材。ピックアップは電池のいらないFishmanと手元でトーンを変えられるShadowの2種類。 ここの会社に直接問い合わせたらJohnsonさんという方から回答が来て、Shadowピックアップは日本と台湾販売モデルだけの搭載らしい。 ブランドロゴの人の絵が、かわいいとも微妙とも取れるというかなんというか。 いろいろ探していたら、Cordobaというポルトガルのものを見つけました。25TK-CEというコア単板モデルエレアコ。 コア単板のエレアコとしては最強に破格。円高万歳。 即決してHawaii Music Supplyというハワイのお店に注文したんだけど、その後いろいろ見ていたらものすごい記事を発見。 サイドに穴を開けてみたら合板だった!と写真付きで怒り狂っているもの!爆弾 なんという。。叫び なんかこのモデルはチューナーが甘いとか合板疑惑とか音が小さいとかはたまた最高だとか、賛否両論がまっぷたつに激しく分かれてるみたいです。 焦ってお店にメールしてキャンセル。返事がないので電話。 「あ、今メンテナンスして準備してるから月曜までには送れるよ!。。え、メール送ったって?ちょっと待って。。。今見た。OK、no problem、キャンセルならそのまま返金するよ。」 そんでそのウクレレについて聞いたところ 「僕は好きだし、すごくいいウクレレだと思うけどね。Cordobaはいい会社だし。でも楽器に対しては一人一人意見が違うから、少しでも迷ったら止めた方がいい。本当に気に入る一本を買うべきさ!」 そして30分もしないうちに返金されてた。 なんて優しい。 今、いろいろな有名どころの会社が、お買い得な姉妹ブランド的ウクレレを出してる。 ハワイじゃなく、アジアで安く作らせてるもの。 Ko’olauなら自分が持ってるPono、KoAlohaならむっちゃかわいいKoAlana(とても品薄)、HohnerならJason Mrazも使っているというLanikai、Hohnerを通さずLanikaiと同じ作りで出しているらしい日本でもよく見るKALA、そして今ものすごく気になるのが、Kanile’aが出しているIslander!ものすごく音がいいのにものすごく安いと評判で、飛ぶように売れているらしい。さっきのハワイのお店にも今は在庫がゼロ、入荷を待ってるみたい。 他にもMainlandはいいレビューしか見ないし、Ohanaもそう。 単板もいいけど、音がいいならある程度手荒に扱える合板もいいかも。。 全部3万前後、もしくはもっと安く手に入る、上位に負けないくらい音のいいウクレレ。 高い楽器は質も音もいいけど、安いものでも決して悪いとは言い切れないのが楽器の面白いところで。。 いずれにしても目の前で見れないことには難し~! なんかここ数日間で、ものすごくウクレレの機種だけを学んだ気が。。 とりあえず、ちょっと整理するためにリストアップしてみました。 ウクレレ選びの参考にでもなれば。 ]]>

Posted in 音楽 - Music

Related Posts

Leave a Reply