つぶった目を開けて カーテンを開いて
凍る窓の隙間のぞく
ここから見える空 前とは違うけど
同じように白く染まる

何度も逃げ出して 何もかも塗り替えて
新しい世界を いつも探してた

ああこの胸の 奥に降り注ぐ
ああいつか見た 曇り窓の向こうの雪

どこまで行っても 自分について来る
苦い思い出を避けて
旅慣れたバッグに 固い鍵かけて
強くなれると信じた

箱を抜け出して 少し息をついて
途中下車のつもりで 立ち寄ったけれど

ああこの町に 戻ってきた意味が
今少しだけわかった気がした
ああ目の前に真っ白に輝く
ああいつか見た 曇り窓の向こうの雪

あの頃都会で 押し込まれた窓に
流れる景色と 止まった空を見た

ああこの町に 戻ってきた意味が
今少しだけわかった気がした
ああ目の前に真っ白に輝く
ああいつか見た 曇り窓の向こうに
やわらかく光る白い雪

(2013.2.23)

  • 曲解説

  • あちこちいろんな所に住んでから、生まれた場所に戻って来た懐かしい心境を書いた曲です。


    コメント

    曇り窓の雪 — コメントはまだありません

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です