どこでもEpisode 32 国際的という意味について考える!音楽活動について思うこと

ポッドキャスト「つっちーのどこでもLIVE!」の32回目をアップしました!

<Episode 32>

トークコーナー(2:06)

・今年やりたいこと!
・最近やけに続いている、惜しまれるアーティストの訃報について
・国際的という意味について考える!過去ブログ「英語で歌うことと日本語で歌うこと」を取り上げて、音楽活動について思うことを語ります☆

ライブコーナー(19:40)

2014年に作ったちょっと攻撃的なオリジナル曲「Shut Up」のピアノ弾き語りです。
歌詞はこちらから!

ヴォーカルワンポイントレッスンコーナー(26:25)

歌の「しゃくり」について!

カラオケ採点機でもポイント加算される良く知られたテクニック、しゃくり。無意識でやっていたり、気付かないうちに歌で損をしていることも?!
しゃくりのバリエーションと、ソルフェージュを使った練習を紹介します!

☆「聞いてよ!つっちー」へのお便りもお待ちしています!お悩み相談や何か聞いて欲しいことなど、なんでも送ってくださいね☆メッセージはこちらからどうぞ!


2 thoughts on “どこでもEpisode 32 国際的という意味について考える!音楽活動について思うこと”

  1. 更新待ってました!今年はテーマソングが変わるんですね?ということはもしShe Learnedがアルバムに収録される際には

    1. 新曲(“つっちーのどこでもLIVE”2016年テーマソング)
    2. She Learned(“つっちーのどこでもLIVE”2015年テーマソング)
    3. Shut Up (Remix Version)

    のようなタイアップ風の表記になるんですね?なんちゃってw
    自分の曲を持てる音楽の才能がうらやましいです。^^

    ブログの書籍化ですか!すばらしいアイデアだと思います。ああ、自分もブログをやっていればよかった(苦笑)。出版まではいかなくても、たしか製本サービスできるブログがありましたよね(もうそのサービスは終了してるかもですが)。インスパイアされました*^^*

    「しゃくり」も勉強になりました。「しゃくり」って、てっきり女性アイドルが語尾をあげるアレ(どれ?)のことかと思ってました。しゃっくりみたいに歌う、アレ。違うんですねw

    また更新楽しみにしています。テーマソングも楽しみです♪

    1. トムさんコメントありがとうございます☆

      テーマソング変えたいのですが、フルレコーディングした曲が少なくて(^^;)
      ちゃんとしなければです。。アルバム作らなければ!切実に。
      音楽作るのは才能と言うよりも知識と慣れだと思います!自分が作るようになったのは学校行って勉強した後ですし。すぐ作れる人もいますけどね(汗)

      書籍化、勝手にデジタルで発行するなら誰でも出来そうな感じで。売れるか売れないかは別ですけどね!やらなければ〜。

      女性アイドルなどが語尾を上げるのは「サフィックス・フリップス」と言われてるもので、それこそあたしの友人の本「プロも使う♪ 秘密の歌唱テクニック17」の中で解説されてます☆それもしゃくりの一つと言えると思います〜!歌のどこで使うかによってちょっと呼び方が変わるみたいですね!

      テーマソング、出来るように頑張りますっっ

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *